HOME > 本(小説)石田衣良 :このページの記事一覧
2008-05-31

『ブルータワー』石田衣良 を読んで


ブルータワー (徳間文庫)石田衣良ブルータワー
(徳間文庫)
石田衣良


souiunogaii評価 ハート4つ

内容紹介
悪性の脳腫瘍で、死を宣告された男が200年後の世界に意識だけスリップした。地表は殺人ウイルスが蔓延し、人々は高さ2キロメートルの塔に閉じこめられ、完璧な階層社会を形成している未来へ。「…この物語は平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。『ブルータワー』へようこそ! 夢みる力が決して失われる事のない世界へ」

石田衣良が9.11テロで崩壊した世界貿易センタービルに衝撃を受けて、書き上げた初のSF小説です。
400ページを超える結構な長編です。でも本当に面白くって、寝る間を惜しんでどんどん先へと読み進んで、一気にラストまで読んでしまう。
あらためて、石田衣良さんの作家としての力を感じさせられます。

大きな戦争の後、恐怖の生物兵器「黄魔」によって地上に住むことができなくなり、交配した200年後の未来の世界。
人類は、高さ2キロメートルの超高層タワーのなかで何とか生き延びています。
タワーの下層には貧困に苦しむ人々がひしめき合い、タワーの上層には、富裕な支配者階級が優雅に暮らす。ひどすぎる格差社会。
そんな未来に、主人公はタイムスリップし、伝説の救世主の役割を与えられてしまう。
タワーの格差問題を解決し、人々を導き、戦争を終わらせ、生物兵器「黄魔」に戦いを挑みます。人類の存亡をかけて。

実に壮大なスケールの世界観で描かれる未来の物語。
そこには、現在に既に存在している様々な問題に対する危機感を強く呼び起こすものがありました。
果てしなく発達した科学テクノロジー。人類を滅ぼそうとする生物兵器・殺人ウィルス。解決の糸口を見出せないまま続く、戦争・紛争そしてテロ。

SFという新たなジャンルでも、石田衣良ならではの街の描写力は変わりません。
本作の舞台は新宿。200年後の荒れ果てた新宿の町は、現在と上手くリンクさせた表現によって、何ともいえないリアルさを持っています。

そして何より、この物語を感動的なものにしているのは、主人公の心の動きの表現。
意図せずして救世主としての役割を負うことになった彼は、タワーの上下の戦争の中で、自身の居場所を探してさまよう中で、何度も自爆テロや戦闘を目の当たりにして、何人もの人々の死を目にします。
命をかけて戦争を終わらせるために闘おうと決意する彼は、一人で活躍するヒーローではありません。周囲の様々な立場の人々と互いに協力し、正しいと信じる道を進んでいく、そういう感じです。
そんな彼の心情描写が、表現豊かな文章からあふれるように伝わってきます。

最後に人類を救うのは、科学テクノロジーでもコンピュータでもない。
もっと大切なものがある。そんなメッセージを感じさせてくれる素敵な物語でした。
スター・キング (創元SF文庫)エドモンド・ハミルトンスター・キング
(創元SF文庫)
エドモンド・ハミルトン


2008-05-11

『下北サンデーズ』石田衣良 を読んで


下北サンデーズ (幻冬舎)石田衣良下北サンデーズ
(幻冬舎)
石田衣良


souiunogaii評価 ハート4つ

内容紹介
日本最後の《貧乏の楽園》にようこそ!夢を追い続ける自信はありますか?
ずっと貧乏でいる覚悟はありますか?
演劇の聖地を舞台に、夢を懸けて奮闘する劇団員たちの青春を描く傑作長篇!

石田衣良の『下北サンデーズ』、これってドラマになった作品ですよね。
いや、実はドラマは見てないんですけど。
で、ネットで番組HPを見てみると、演出は堤幸彦。
キャストは、
里中ゆいか:上戸彩
あくたがわ翼:佐々木蔵之介
キャンディ吉田:森山中の大島美幸
寺島玲子:松永京子
伊藤千恵美:佐田真由美
サンボ現:カンニング竹山隆範
ジョー大杉:金児憲史
八神誠一:石垣佑磨
江本亜希子:山口紗弥加

今回、私はドラマの出演者を確認してから、この小説を読み始めました。
なるほど、それぞれピッタリのキャスティングだな、と感心。

下北サンデーズは、下北沢にある小劇団の名前。
主人公は、里中ゆいか。彼女は大学進学のために上京してきたのだが、初めて見た下北サンデーズの舞台に感激して、入団を決意。
下北沢の安アパートでの貧乏生活、大学の講義に出席、喫茶店でのアルバイトをこなしながら、劇団の中で、周りの個性的な仲間たちに囲まれながら、女優として一歩ずつ成長していく、そんなストーリー。

まず、さすが石田衣良さんの小説だけあって、街の描き方がとっても味がある。
実際に下北沢の駅で降りたことが無い私にも、この街の景色が目の前に広がるようにイメージさせてくれた。
小劇場、スタジオ、安アパート、八百屋さん、ハンバーガーショップ、激安の居酒屋などなど。
ぜひとも一度行ってみたくなる。

登場人物たちは、みな劇団員・役者たちなので、とにかく感情表現が豊かで、キャラが濃くて、個性が強くて、もう面白いヤツばかり。

劇団員というのは、とにかく貧乏で、ゆいかは毎日もやし料理ばかり食べている。
そうえいば、私も学生のとき、お金を節約するためによくもやしを買って炒めて食べたよな、と。
さらに、ゆいかが私と同じ理系の大学に通っているということで、非常に親近感がわいた。

基本的には、徐々に劇団が周囲から評価されて、ステップアップしていき、ゆいかも女優としての階段を登っていく、サクセスストーリーなんだけど、そこには、登場人物たちの悩みや葛藤や嫉妬や、もういろんなものが織り交ざって絡み合ってくるから、読んでいてもいろんな気持ちになれて、とっても満足感がある。
セリフや心理描写や行動の背景にあるもの、などが分かりやすくダイレクトな形で表現されている文章なので、読みやすいし、納得できるし、共感もできる。
ゆいかたち劇団員が、心の底から演劇を愛し、楽しんでいるのが強く伝わってくる。

演劇・芸能界の世界のしくみや文化なんかも、しっかり説明してくれるような構成になっているから、ほとんど知識の無い私にもすんなり入り込めた。

とにかく面白かった。一気に読んでしまった。
ドラマもDVDになってるから、そっちも見てみたいな。
ゆいかはそのときに思ったことを叫んで、ジャージ姿でイモ洗い状態のベッドに身体を投げた。
「下北サンデーズにはいって、わたしほんとうによかった。みんな、ありがとう」

下北サンデーズ :テレビ朝日
下北サンデーズ DVD-BOX下北サンデーズ
DVD-BOX
2008-03-16

『眠れぬ真珠』石田衣良 を読んで


眠れぬ真珠 (新潮社)石田衣良眠れぬ真珠
(新潮社)
石田衣良


souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
恋は、若さじゃない。愛は、経験じゃない。恋愛小説の真髄、石田衣良の真骨頂!
「今の、このときを忘れないでね。わたしのこと、忘れないで」「どうして、忘れないでなんていうんですか。まだ始まったばかりなのに」女性版画家と17歳年下の青年が過ごす、美しくつややかな日々。それは、強かに生きざるを得ない現代の女性を、少女のように無防備にする恋。サガンの「ジゴロ」をも凌ぐ切なさ、待望の恋愛長編!

45歳の版画家の女性・咲世子と、28歳の映画監督の卵・素樹の2人が、運命的な恋に落ちる。
舞台は逗子、葉山。
双方の昔の恋人や、さらにはストーカーまでも絡んできて、結構ドロドロな感じで展開していく物語。
そして、最後には素敵なラストシーンが訪れる。まるで映画のようだなと。
「東京タワー」って映画を以前見たけど、あれに似てるかな。

石田衣良が大人の恋愛物語を書くと、なるほどこういう風になるんだ、と。
文章には、内面描写もセリフも情景描写も、適度な湿り気があって、非常に良い感じだ。セックスの描写もまったくごまかしがない。
街の描き方も、食べ物の描写も、服装も建物も、上手く書かれてる。
映像がぱっと浮かんでくる。

そう、映画化するんだったら、咲世子役はやっぱり寺島しのぶ、かな。鈴木京香も合うかも。
素樹役は、うーんちょっと思い浮かばないな。

なんだかロイヤルミルクティーが飲みたくなってきた。
2008-03-13

『約束』石田衣良 を読んで


約束 (角川文庫)石田衣良約束
(角川文庫)
石田衣良


souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
大切なものを失ったことのあるすべての人に捧げる、七つの再生の物語。
かけがえのない大切なものを失ったとき、人はどのように立ち直ることができるだろう――。直木賞作家が再生への祈りをこめて紡いだ、絶対泣けるセブン・ストーリーズ。
たくさん泣いて、もういちど歩きだそう――
池田小学校事件の衝撃から一気呵成に書き上げた表題作はじめ、ささやかで力強い回復・再生のものがたりを描いた必涙の短編集。人生の道程は時としてあまりにもハードだけど、もういちど歩きだす勇気を、この一冊で。

石田衣良の短編集。それぞれの作品に共通して描かれているのは、暗く長いトンネルの中にいた人間が、やっとの思いで光の差し込んでくる出口を見つけることができたその瞬間と、そこに至るまでの過程。
心の変化の様子を大切にして、じっくりと丁寧に真剣に書かれた文章からは、「命のあることのありがたさ」とか「前を向いて生きるための勇気の大切さ」みたいなものが、読んでいる私の心に、素直にまっすぐにサーッと染み込んでくる。

作者あとがきにはこうある。
「かけがえのないものをなくしても、人はいつか自分の人生に帰るときがくる」
「病や喪失から生きることに立ちもどってくる人間を描くほうが、何倍も力強い。単純にそう信じているのです」

「約束」は池田小事件への鎮魂歌として書かれた作品。
「青いエグジット」では事故で片足を失ったひきこもり青年がダイビングに挑戦。
「天国のベル」は心因性難聴になった少年と家族に起こったひと時の奇跡。
「冬のライダー」モトクロスのバイクの練習を、ある女性にコーチしてもらう少年。
「夕日へ続く道」不登校の中学生は、軽トラックで廃品回収をする老人を手伝い始める。
「ひとり桜」山奥の一本桜を撮る写真家と、その桜にある思いを寄せる女性の出会い。
「ハートストーン」悪性脳腫瘍に犯された少年と、その家族たちに起こった奇跡のような出来事。

これまでには読んだことがなかった(あまり気づかなかった)石田衣良の新たな魅力を感じた、そんな作品たちだった。
2008-03-07

『目覚めよと彼の呼ぶ声がする』石田衣良 を読んで


目覚めよと彼の呼ぶ声がする (文藝春秋)石田衣良目覚めよと彼の呼ぶ声がする
(文藝春秋)
石田衣良


souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介(文藝春秋)人気絶頂作家が恋愛を、趣味を、そして人生を語る
人気絶頂作家が恋愛を、趣味を、そして人生を語る
いま、最も活き活きと現代を描く作家が恋愛を語り、スポーツや音楽を楽しみ、憲法論議にも独特の視点で切り込む刺激的エッセイ集
いま、最も輝いているベストセラー作家が、自身の恋愛観やライフスタイル、お気に入りの場所やモノ、小説や映画について縦横無尽に語るエッセイ集です。
社会問題に対して、若い世代のカルチャーにも詳しい著者ならではの鋭い提言をする朝日新聞連載のコラムでは、硬派な一面も覗かせ、巻頭には8ページのミニ写真集も収録。まさにファン必読の一冊です。

石田衣良が雑誌や新聞に連載してきたエッセイを一冊にまとめた本。
テーマは、恋愛、趣味、インテリア、東京、子育て、読書、仕事、政治などなど幅広い。

先日読んだ、同じ石田衣良のエッセイ集『空は、今日も、青いか?』も面白く読ませてもらったが、本書もそれに劣らずたいへんに楽しませてもらった。
石田衣良という人は、ものの考え方が非常にカッコいいと思う。
知識が豊富で、自分の好みは明確で、何より価値観に芯がある。
大学ではほとんど勉強はせず、卒業後はフリーター生活で、若い頃から膨大な量の読書をし、コピーライターを経て作家になった人。
自分の気持ちに素直に生きる道を選んだからこそ、あれほどに感性豊かで情熱を持った素敵な人間になれたのだろうか。

どのテーマの文章も石田カラーみたいなものがにじみ出ていて、読んでいて本当に楽しい。
中でも私が特に興味を引かれたのは、石田衣良の「東京の街」について書いている文章。
小説ではその“街の描き方”が素晴らしいなといつも思うのだけれど、エッセイでももちろん読ませる。
池袋、月島、町屋、秋葉原、渋谷、新宿、青山、赤坂、神楽坂、二子玉川、横浜。
若い頃から何度も引越しを繰り返し、東京の中のいろいろな街に住み、その街を小説の舞台にしてきた石田衣良。
それぞれの街一つひとつへの思い入れや思い出、散歩の仕方、楽しみ方などが書かれているのも面白いし、石田さんなりの都市・東京論みたいなのもあって、さらにはそれぞれの小説と舞台になった街とを絡めて「どうやって小説が生まれたのか」を作者自身の文章で語ってくれる。東京に住んでいる人は特に、そうでない人でも楽しめる内容になっている。
ぼくはそんなふうに東京の街のひとつひとつを、自分のものにしていくのが好きなのである。そうしてものになった街を舞台に、小説をひとつ仕立てたりするのが、無闇に楽しいのだ。
(中略)
誰もがよく知っていると思い込んだ東京のありふれた街を、誰も書いたことのない方法で鮮やかに書く。多くの人がもっているその街のイメージを裏切るように、別な顔を詳細ていねいに書く。それはぼくが小説をつくるうえでのおおきな楽しみのひとつだ。

他にも、ダメ大学生だった彼がどうやって小説家になったのかの経緯も結構詳しく書いてある。
これ一冊読めば、その文章から、石田衣良という人がどういう人間なのかのエッセンスを感じられる。
私は本書を読んで、好きだった石田衣良をもっともっと好きになった。

【関連】
『空は、今日も、青いか?』石田衣良 を読んで
空は、今日も、青いか? (日本経済新聞社)石田衣良空は、今日も、青いか?
(日本経済新聞社)
石田衣良


最後に、本書で紹介されている石田衣良さんのオールタイムベストテンを。

地底世界ペルシダー (ハヤカワ文庫SF)エドガー・ライス・バロウズ

異星の客 (創元SF文庫)R・A・ハインライン異星の客 (創元SF文庫)R・A・ハインライン

ペスト (新潮文庫)アルベール・カミュ

要約すると (新潮文庫)サマセット・モーム

パイドロス (岩波文庫)プラトンパイドロス (岩波文庫)プラトン

死の棘 (新潮文庫)島尾 敏雄死の棘 (新潮文庫)島尾 敏雄

新麻雀放浪記 (文春文庫)阿佐田哲也

ガープの世界(上) (新潮文庫)ジョン・アーヴィングガープの世界(上) (新潮文庫)ジョン・アーヴィング

久保田万太郎全集 第14巻 (中央公論社)

眠れる美女 (新潮文庫)川端 康成眠れる美女 (新潮文庫)川端 康成
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。