HOME > 本(経済・金融・投資) :このページの記事一覧
2019-07-27

[読書メモ]『年収3万円のお笑い芸人でも1億円つくれたお金の増やし方5.0』井村俊哉 を読んで


4296101412年収3万円のお笑い芸人でも1億円つくれたお金の増やし方5.0
(日経BP社)
井村俊哉

souiunogaii評価


もくじ
第1章?貧乏芸人だった僕がお金を増やせた理由

井村流「お金の増やし方5.0」はこうして生まれた!
中学時代の"初体験"で資本主義の真髄を知る
お笑い芸人になりたくて、初めての株式投資
コラム1 芸人生活のリアル ここだけの話
売れない芸人暮らしでも100万円貯められた!
結婚するために、本格的に株式投資を開始

第2章?ついに資産1億円! 芸人引退後に見つけた夢
株で食べていくと決意、稼ぎ目標は月10万円!
投資の修羅場で知った「最低な自分」
キングオブコント準決勝進出という夢の時間
コラム2 結婚は「超コスパがいい」という真実
芸人としてはまだだけど、株で結果出してます!
株を始めて6年、億って僕が感じたこと
芸人としての限界の先に見えた新しい夢

第3章?知れば得する新常識「お金の増やし方5・0」
お金の増やし方1.0

納豆、卵、バナナを買えばお金は貯まる

お金の増やし方2.0
欲しいものは我慢しない、でも世界一安く買う
コラム3 教えちゃいます!最強コスパ男の家電激安買いテク

お金の増やし方3.0
ティッシュは値段だけでなく、枚数も見よ!

お金の増やし方4.0
家計簿はつけない、ポイントカードは捨てる
コラム4 家計簿いらずの「コスパのいい家計把握法」とは?
コラム5 「Time is money」はコスパ界でも真なり

お金の増やし方5.0
現金払いをやめ、お得をルーティン化する
コラム6 「お得の衝動買い」でコスパを極限まで高める

第4章?世界最強のコスパ術株式投資の本質を知ろう
株へのネガティブなイメージ 僕が塗り替えちゃいます!
僕らは皆、すでに投資家なんだ!
株をやることで「お得情報」が集まってくる
コラム7 あなたの「株コスパ」を書き出してみよう
いざ実践!まずは「好きな人」を見つける
「いい会社だから株価が上がる」わけではない!
コラム8 芸人仲間が投資に目覚めた「タダでできる株の宝くじ」

第5章?あなたの人生を変える3つのアクション
「株ツアー」に出かけて、人生を変えちゃおう
アクション1 「お金の増やし方5.0」で5万円稼ごう!
アクション2 証券会社に口座を開こう!
アクション3 予算5万円で株を買って株主体験をしよう!



井村俊哉:FROGGY

井村俊哉:MONEY PLUS


2019-03-21

『はじめての人のための3000円投資生活』横山光明 を読んで


477620911Xはじめての人のための3000円投資生活
(アスコム)
横山光明

souiunogaii評価


内容紹介
NHK「あさイチ」でも大人気!
「年金が足りない!」「老後資金を増やしたい!」そんな人に読んでほしい投資入門書!
1000万円以上貯めた人、続出!投資経験がゼロでも、貯金がなくても、誰でもカンタンに始められて、お金がしっかり増えていく方法がありました。話題の家計再生コンサルタントが「人生を変える」お金の増やし方を解き明かします。


著者の横山光明さんは、「家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナー」という肩書で、株式会社マイエフピーの社長をしながら、投資や節約関係の連載記事もいくつかもたれている方。

家計相談のマイエフピー:家計再生と貯金力アップをサポートする横山光昭の会社

家計再生のプロ横山光昭の強い投資をする家計のツボ:マネークリップ(今日の投資に効くメディア)

もくじ
プロローグ
PART1 さあ、3000円投資生活を始めよう

1 4000人が大成功した、カンタン投資法を教えます!
2 投資が怖くても仕事が忙しくても、資産は着実に増やせる
3 はじめての投資はネット証券でラクラクスタート
4 これが基本!まずは「バランス型の投資信託」を選ぼう
5 インデックスファンドの鉄則は、「分散させて持つ」こと
6 8年で老後資金が1000万円貯まる「積立」投資術
7 バランス型の投資信託やインデックスファンドにも、盲点はある
8 NISAを無理に使う必要がない、これだけの理由
PART2 3000円投資生活なら「貯金感覚」でコツコツ増える
9 「消・浪・投」でムダな支出をおさえ、強い家計をつくろう
10 「いざというときのため」の貯金は、月収の7.5か月分
11 「何のためにお金を貯めるのか」をはっきりさせよう
12 ハイリスク・ハイリターンはダメ!お金は「コツコツ投資」で育てよう
13 投資は「手間をかけない」方が成功する
14 3000円投資生活で頭金をつくり、マイホームを「資産」に
15 住宅ローンがある人こそ3000円投資で「未来のお金」をつくろう
PART3 1万人の家計を見てきてわかった「投資の分かれ道」
16 「一時的な価格変動」にふりまわされるな
17 「証券会社への預金」は、銀行の普通預金よりおトク
18 絶対にお金を減らしたくないなら、「国債」を買うべき
19 3000円投資生活で、「確定拠出年金」を有利に運用する
20 生命保険の見直しも、投資生活の大事なポイント
21 子どもの教育費、学資保険だけで大丈夫?
22 3000円投資生活に慣れてきたら、月々の投資額を増やしてみる
23 「お金を貯められる人」がやっている、お金が貯まる生活習慣
PART4 絶対にやってはいけない、投資とお金の使い方
24 金融機関の「おすすめ商品」は、絶対に買ってはいけない
25 退職した夫が「株を買いたい」と言い出したら要注意
26 賃貸不動産経営の成功率は、たったの1%
27 マイナス金利下での融資話には気をつけよう
28 個別株やFXで「勝てる」確率は、きわめて少ない
29 外貨預金ほど恐ろしい「預金」はない



単なる「節約」や「預金」だけでなく、そこに「投資」を少しだけの金額でもプラスすることで、お金に対する意識が変わることの大切さを、いろいろな言葉で、生活感のある実例を挙げながら解説してくれている。
なかでも、印象に残ったのは次の部分。

いざ投資を始めてみると、おそらくお金に対する意識や日々の生活、さらには人生のとらえ方が少しずつ変わっていくはずです。

「『節約して貯金するだけ』の生活は少し辛かったけれど、貯金と並行して投資を始めてからは、節約するのが楽しくなった
「ついつい誘惑に負けて無駄遣いしそうなとき、『このお金を投資にまわそう』と思うと我慢ができる」
「長い時間をかけて、お金が少しずつ増えていくので、将来が楽しみになった

これらはすべて、投資を始めた方から寄せられた声です。



初めてネット証券会社に口座解説をするときの説明(具体的に、どの証券会社を選ぶのがおすすめか、も書いてある)から、
おススメの投資信託の銘柄(バランス型ならこれ、インデックス型ならこれ、と具体的な銘柄まで書いてある)、
そして、手を出してはいけない商品まで、
丁寧に解説してくれています。


2008-09-13

『お金を貸す人借りる人 カード&ローン儲けのカラクリ』岩田昭男 を読んで


お金を貸す人 借りる人 (実業之日本社)カード&ローン儲けのカラクリ岩田昭男お金を貸す人 借りる人
カード&ローン儲けのカラクリ
(実業之日本社)
岩田昭男

souiunogaii評価 ハート2つ

内容紹介
ローンなしでは、「生活が成り立たない時代」になりました。
人生の勝ち負けは、賢くお金を借りて、上手に返す「術」を知っているかどうかで決まるのです。
もくじ
第1章 消費者金融業者の儲けのしくみ
第2章 カード会社の儲けのしくみ
第3章 銀行・その他金融業者の儲けのしくみ
第4章 無担保ローンで得をする
第5章 カード活用で得をする
第6章 住宅ローンで得をする

2008-03-10

『電子マネーのすべてがわかる本 Suica PASMO Edy ICOCA PiTaPa』竹内一正 を読んで


電子マネーのすべてがわかる本 (ぱる出版)Suica PASMO Edy ICOCA PiTaPa竹内一正電子マネーのすべてがわかる本
Suica PASMO Edy ICOCA PiTaPa
(ぱる出版)
竹内一正

souiunogaii評価 ハート2つ

もくじ
PART1 電子マネー1.0からの進化
PART2 先を行くSuica、そしてEdy
PART3 PASMOが開く新たな世界と、オートチャージ戦略
PART4 ドコモの巧みで大胆なiD戦略
PART5 コンビニとスーパーはどの電子マネーを選ぶか
PART6 関西私鉄のピタパとJR西日本のイコカ
PART7 おサイフケータイ、そしてJR東海、九州、北海道、四国
PART8 PASMOオートチャージのおトクな選び方

Suica、PASMO、Edy、ICOCA、PiTaPa、iD、クイックペイ、ビザタッチ、ワオン、ナナコ、TOICA、…。
電子マネーってホントにいろんな種類がある。
鉄道会社も流通企業も銀行もクレジット会社も携帯電話会社も、様々な分野の企業がこぞって独自の電子マネーをつくっている。

本書は、消費者の側に立って「どう使えばより便利なのか」「どう使えばより得するのか」を考えた本だ。
個々の電子マネーそれぞれについて、基本機能の説明からはじまり、特徴、他との違い、得する使い方、どういった人におススメなのか、などが図解入りで丁寧に説明されている。

私は普段使っているのはSuicaぐらいで、それも買い物には使わずもっぱら電車に乗るだけだ。電子マネーについての知識は、ほとんど素人だ。
だから、本書を読んで、今さらながら驚いた。
「こんなに便利なものだったのか。えっ、そんなことも可能なの!」
便利なものを知らないということは、知らないうちに損をしていることなんだなあと気づかされる。

特に関心した項目は、PASMOのオートチャージの説明。
どの会社のクレジットカードと組み合わせるのが一番便利なのか、選ぶときのヒントをいろいろ与えてくれる。
ポイントの貯め方・使い方の話は、私には実に目からうろこだった。
4月から入学・就職・引越しで私鉄・地下鉄を利用するようになる人なんかは、新たに定期券を購入するその前に、一度本書を読んでおくと絶対にためになると思う。

NTTドコモのDCMX iDをはじめとした、おサイフケータイの話も、かなり詳しく書いてある。

とにかく、面白くてためになる、お得な情報がいっぱいつまった本で、一度は読んでおくといい本だと思う。人に教えたくなる話がたくさんだ。
2008-02-29

『中学生への授業をもとにした世界一簡単な「株」の本』松本大 を読んで


中学生への授業をもとにした世界一簡単な「株」の本 (マキノ出版)「お金に困らない子」はこうして育つ!松本大中学生への授業をもとにした世界一簡単な「株」の本 (マキノ出版)
「お金に困らない子」はこうして育つ!
松本大

souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
知識ゼロから親子で学べるマネー入門。小・中学生7名が10万円から投資を体験。大人も「基本のキ」がわかる!
2006年初めに開催され、テレビや新聞、雑誌などで話題となった授業が待望の書籍化。内藤忍ら、カリスマ講師による「株のがっこう」がついに開校!

マネックス証券が、小中学生向けに開いた「株のがっこう」という講演会の内容から作られた本書は、株式投資について書かれた入門書だけれど、よくある初心者向けの“金儲けのためのテクニック本”のような本では決してない。
とても真面目に、正面から、株式投資とはこういうもので、投資家の姿勢はこうあるべきだ、という感じで書かれている。
もくじ
開校のあいさつ―明日を生きるための教養 松本大
第1部 株のがっこう
1時間目 知識ゼロから学ぶお金とルール 廣澤知子
2時間目 夢を実現するためのお金のふやし方 内藤忍
3時間目 株式投資は習うより慣れろ! 藤本誠之
第2部 小・中学生7名の初めての投資体験
閉校の辞―お金に対して謙虚になる―松本大

小中学生向けの話がベースになっているので、とても基本的なところ(株式会社のしくみなど)から始めて、実際の投資についての様々な情報まで、分かりやすくて読みやすい。
マクドナルドとモスを比較したりして、具体的な社名を挙げながら、企業の何処に目をつけるのかのポイント、どうやって投資する企業を選ぶのか、ということを説明してくれる。

第1部の文章で、太字になっているキーワードを挙げてみると、
配当金、株主総会、1単元、株主優待、証券取引所、株価チャート、年初来高値、業績予想修正、日経平均株価、上場、株式分割、長期投資、会社選び、分散投資、銘柄コード、売上高、利益、リスク、ファンドマネージャー、投資信託、投資家、ミニ株、手数料、損切り、口座、指値、成行、約定、寄付
となっている。

そして後半の第2部。これが面白い。
「株のがっこう」に参加した小中学生たちは、マネックス証券のモニターとして10万円からの3ヶ月間の株式投資に挑戦した。
その様子が、子供たち自身の目線から語られている。3ヶ月間の悩み喜び後悔の日々がリアルに伝わってくる。
ただ単に知っている会社の株を買うのではなく、子供なりに情報を集めながら考えているのには、自分が中学生だった頃を思うと、本当に感心してしまう。
四季報を読み、ニュースや新聞をしっかりとチェックして、頭を使って社会を見る小中学生たち、すごいなと思う。
親のコメントやプロのアドバイスもついている。

第2部の文章で太字になっているキーワードは、
資産評価額、買取請求、無配当、ノーロード、ジャスダック、BRICs、信託報酬、運用レポート、市場、ゴールデンクロス
など。

文章全体に、マネックス証券のPRのニオイがするのが少し気になるけれど、それでも株式投資についての正しい知識を一通り身に付けたいという人には、最初に読むのには結構良い本かなと思う。

マネックス「株のがっこう」レポート2006年1月6日@東京証券取引所 :マネックス証券
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。