2008-01-17

『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?2 決算書編』小堺桂悦郎 を読んで

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか? 決算書編 (フォレスト出版)誰も教えてくれなかった!裏会計学その2小堺 桂悦郎なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?決算書編
誰も教えてくれなかった!裏会計学その2
(フォレスト出版)
小堺 桂悦郎

souiunogaii評価 ハート2つ

決算書のカラクリが「世の裏側」をあぶり出す!
決算書がわかれば、イロイロなものが見えてきます。決算書は本当によくできています。とくに本書で説明する「損益計算書」と「貸借対照表」の関係は本当によくできていると思います。
決算書を知ることで、「何が儲かるのか」「何がオイシイのか」「どの会社が儲かるのか」「誰が儲かるのか」「誰がオイシイのか」「どの業界が儲かるのか」が必ず見えてきます。
まえがき より

先日読んだ『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?』の続編。
会計コンサルタントである著者と、中小企業の社長との会話形式の文章スタイルは同じ。これが読んでいて面白い。
今回は、資金繰りに悩みながらも決算書の見方がまるで分かっていない困った社長に、的確にアドバイスを与えながら、決算書の見方のポイントを、素人にも分かりやすく説明してくれる内容になっている。
もくじ
第1章 なぜ、社長はベンツを売るとトクなのか?
 〜損益計算書の基本〜
第2章 ベンツはどこへ…
 〜貸借対照表の基本〜
第3章 なぜ、借金3000万円を利益30万円の会社が返せるのか?
 〜損益計算書と貸借対照表のヒミツの関係〜
第4章 ホントの決算書、ウソの決算書
 〜損益計算書と貸借対照表のキケンな関係〜
第5章 ベンツ買っちゃった!でも…
 〜キャッシュフロー計算書の基本と使い方〜

決算書の中でも、特に大切な損益計算書と貸借対照表の2つにしぼって解説している。
会社が黒字なのか赤字なのか、現金はいつどう流れているのか、このまま会社を続けて借金は大丈夫か、などを知りたいとき、どの数字を見て判断すればいいのか、そのポイントを教えてくれる。

それにしても、本文に登場する社長たちは苦労している方ばかりだ。
会社経営の大変さがひしひしと伝わってくる。

【関連】
『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?』小堺桂悦郎 を読んで
なぜ、社長のベンツは4ドアなのか? (フォレスト出版)小堺 桂悦郎なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?
(フォレスト出版)
小堺 桂悦郎


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。