2007-12-28

『数学の出番です。―つい人に伝えたくなる数学のハナシ』日沖桜皮 を読んで

数学の出番です。 (数研出版)つい人に伝えたくなる数学のハナシ日沖 桜皮数学の出番です。
つい人に伝えたくなる数学のハナシ
(数研出版)
日沖 桜皮

souiunogaii評価 ハート2つ

内容紹介
くらしのハテナをみるみる解決!
暮らしの中で困ったことがあったら,数学の出番です。
「直感にご用心」「新幹線の座席の謎」「割り勘のいろいろ」など,
本当は役に立つ数学の数々をご紹介します。

中学生・高校生のときに習った数学は、日常生活で直接に使われることはほとんどない。
でも、数学って知っているだけで意外に使える場面がたくさんあるみたいだ。
もくじ
第1部 ほんとうは役に立つ数学
π=3でええやん! / ニアピン賞の怪 / 正しい裁決 / 数学冥利に尽きる!? / 発想の転換 / 数学の世界のオコトバ / 直感にご用心 / むかしの人はすごかった / 古代エジプト人の算術 / 新幹線の座席の謎 / 割り勘のいろいろ / 欠陥さがし / 待ち合わせの怪 / 三酔人競馬問答 / 究極の選択 / 究極の選択PART2 / 「逆」からの発想
第2部 ため息がでるほどに美しい数学
素数にせまる / 究極の美「三角形」 / 無理数は何がムリ? / You and I / 矢は飛ばない!? / ひと・数学・ロマン / 未解決問題への挑戦

前半では、難しい知識は使わずに、「実は数学って結構使える」場面をいろいろ紹介してくれてる。
例えば、ケーキの切り分け方、タクシー代の割り勘で払う計算法、最短経路の選び方、などなど。
後半は、それほど実用的ではないけれど、へぇーと言える数学知識の紹介。
素数、完全数、友愛数など、映画『博士の愛した数式』にも出てきたものも登場する。

こういう気軽に読める数学の本を読むのも、たまにはいい。
博士の愛した数式 (新潮文庫)小川 洋子
博士の愛した数式 (新潮文庫)
小川 洋子


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

忘れてしまった高校の数学を復習する本―高  :数学の日  2008-02-03
Excerpt: 現在理系の大学に通っていますが、高校時代数学は得意でした。それが大学に入って数学を使わなくなり、だんだんと忘れていってるのを実感してやばい!と思い短期間で復習する為に購入しました。受験生の時は量をこな..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。