2007-12-24

『最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情』石渡嶺司 を読んで

最高学府はバカだらけ (光文社新書)全入時代の大学「崖っぷち」事情石渡 嶺司最高学府はバカだらけ
全入時代の大学「崖っぷち」事情
(光文社新書)
石渡 嶺司

souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
大学全入時代をほぼ迎えたいま、私大では定員割れが続出し、潰れる大学も出てきている。こうした、世間からそっぽを向かれた「崖っぷち大学」は生き残りに必死だが、それは、東大や早慶上智、関関同立といった難関大といえども他人事ではない。どの大学も受験生集めのために手を尽くしている。ところが、その内容は――AO入試で辞退さえしなければ誰でも合格、就職率や大学基本情報の非公表・偽装、イメージをよくするために大学名を改名(秋田経済法科大からノースアジア大へ)、新しいことを学べる新学部を新設(シティライフ学部や21世紀アジア学部)など、世間の常識と大いにズレていて、どこかアホっぽいのだ。本書では、こうした大学業界の最新「裏」事情と各大学の生き残り戦略を、具体例を交えながら紹介していく。

著者の石渡嶺司氏は、大学の抱える諸問題や大学生の就職活動をテーマにした記事を書き続けているライター・大学ジャーナリスト。
これまでに全国の250もの大学を見て回ってきたという。

そんな彼が、昨今の大学事情を新書として一冊にまとめたのが本書だ。
冒頭、最初の一文はこうだ。
偏差値の高低や知名度に関係なく、日本の大学生はおしなべてバカと言っていい。

現在、私は大学4年生で、数ヵ月後には卒業する身である。
「おしなべてバカ」という表現にはちょっとショックを受けたが、本文を読み進めていくうちに、著者が指摘するバカ学生の姿のいくつもの点が、自分や自分の周りの大学生にあてはまるものがあったので、情けなくもまたまたショックを受けると同時に、自分たちが認識できていないだけで、やはり日本の大学生はバカばっかりなのかもしれない、と思わされてしまう。
「いや、私の大学は別だよ」というのはバカな思い込みであることに気づいてしまうのだ。
もくじ
第1章 アホ大学のバカ学生
ロビーで着替えて「ノリ貸してください」 / 普通の面接でも「圧迫面接」でひどい / 「その大学ってどこにあるんですか?」 / 東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか? / 営業嫌いとコンサル妄信 / 講義は真面目、他は不真面目 / ネットになければ、この世に存在しない / ミクシィでカンニング暴露 / なんでんもかんでもネットにカキコ
第2章 バカ学生を生む犯人は誰か?
「ウチはまったく悪くない」 / 「高校教育劣化」説 / 「文科省理念先行」説 / 「両親ヘリコプター化」説 / 「就職活動不健全」説
第3章 バカ学生の生みの親はやはり大学!?
「入試激化」説 / 「推薦・AO入試激増」説 / 「大学乱立」説 / 「大学教職員不能」説 / 「広報機能未発達」説 / 「珍名・奇名大学急増」説 / 「情報隠蔽」説
第4章 大学の情報公開をめぐる2つの講演
受験生集めに効果的な情報の隠し方 / 大学にだまされない大学の選び方
第5章 ジコチューな超難関大
他大から恨まれるジコチュー大学 / 「世界の東大」目指すも迷走か?(東京大) / 「打倒東大」どころか「追いつけ東大」(京都大) / 秘策は「学費国立並み一割政策」(早稲田大) / 薬学部のつぎが噂される帝国主義(慶応大)
第6章 「崖っぷち大学」サバイバル
断崖絶壁にある難関・中堅・新興大 / 関西ローカルから脱出したい(関西・関西学院・同志社・立命館) / 都心に帰りたい(中央・青山学院・東洋) / 学部新設のツケは孤島か、食事難民か(法政・明治・神戸学院) / 「就職に強い」看板は有効か?(立教・専修・京都産業・広島修道) / 工学部は鳥人間で起死回生!?(金沢工業・豊田工業・東京理科)
終章 バカ学生はバカ学生のままか?
バカ学生の“化学反応” / 中学レベルまでさかのぼる補修システム / 入学前に新書を読ませて感想文 / 今や「大学五年制」の時代 / 就活で脱皮するバカ学生 / 「面倒見のいい大学」を目指して

本書によると、2007年現在、日本には756もの大学があって、大学進学率は53.7%と過去最高、さらに“入学できた率”は90.4%で大学全入時代を迎えているそうだ。

で、自分の大学受験のときのことを思い出してみると、どんな大学なのか自分で調べて、入学試験を受けたのは片手で数えるほどで、750もある大学のほとんどは、「名前だけは聞いたことある」か「存在すら知らない」大学ばかりだ。
そして、実際に入学して講義を受けることになるのは、自分の通う1つの大学の1つの学科だけなのだから、他の大学がどんな教育を行っていてどんな学生が学んでいるのかなんて、ほとんど知らないものだ。
もっと言えば、自分の大学でさえ違うキャンパスのことになると、全然知らなかったりする。

だから、本書のように、全国の大学を実際に回って、学生や教職員に取材して集めた、数多くの大学の内部の実態の情報を読むのは、たいへんに興味深かった。
そして、この各大学の内部の情報というのが、「学生はなぜバカなのか?」という視点から語られるので、表向きには出されていない裏情報などが多く出てきて、実に面白いのだ。「えー、そうだったの」と。

中でも特に私が驚いたのは、推薦入試についての話。
私自身は一般入試しか受験しなかったので、推薦・AO入試の実態を知って、正直びっくりしてしまった。
また、就職率・志願者数をより良く見せるための卑怯なまでの数字の操作にも驚いた。

大学経営者や教職員の話からは、おいおい文科省から多額の税金を配ってもらっている大学が、そんな詐欺みたいなことを平気でやっていて、黙認されているのかよ、大学ってバカじゃねえの?みたいなことも出てくる。
そして、まさか自分の大学は大丈夫なのか?と心配になってくる。
想像していた以上に何倍も、大学とは世間の常識とは隔離された“変な”ところだった。

高校生の頃に、こういう本を読む機会があったなら、大学を選ぶ目が大分違っていただろうと思う。
これから大学進学を目指す高校生に、ぜひ読むことをすすめたい一冊。

ライター石渡嶺司のブログ
大学プロデューサーズ・ノート

書評 - 最高学府はバカだらけ :404 Blog Not Found


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「最高学府はバカだらけ」を読んだ  :読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)  2007-12-24
Excerpt:  「最高学府はバカだらけ」(石渡嶺司:光文社)という本を読んだ。しかし、なんとも挑発的なタイトルである。立花隆が「東大生はバカになったか」という本を書いているが、こちらは一応疑問文である。しかし、本書..

最高学府はバカだらけ  :大安亭記文:浮惑記 in 朝風呂  2007-12-25
Excerpt: 最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情 石渡 嶺司 [Amazon]  ここ何年かに創刊された新書は、むかし、駅の売店で売られていた薄い文庫本の読者が歳を取って小さ

石渡嶺司『最高学府はバカだらけ』  :itchy1976の日記  2009-02-03
Excerpt: 最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情 (光文社新書 318)石渡 嶺司光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、石渡嶺司『最高学府はバカだらけ』を紹介します。大学全入時代といわれている..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。