2007-11-04

『読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本』芦永奈雄 を読んで

読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本 (大和出版)作文指導のプロが教える大人のための文章講座芦永 奈雄読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本
作文指導のプロが教える大人のための文章講座
(大和出版)
芦永 奈雄

souiunogaii評価 ハート2つ

いや、この本は決して「読むだけで」効果が出てくるような種のものではない。

もくじ
序章 実は文章を書くことってこんなに愉しい!
 1 「書く力」をつけるには文章術も国語力も必要ない
 2 「書く力」をつけるためのカギは意外なところにあった!
 3 ズバリ、「書けない理由」はここにある!
第1章 大事なのは上手・下手より、「伝わる」ことにある
 1 スラスラ書けるようになるための最大の秘訣
 2 もう表面的な文章術にこだわるのはやめよう
 3 文章を書く前に押さえておくべき最大のポイント
第2章 これならできる!「書く力」がみるみる伸びるこの方法
 1 意外、誰でもスラスラ書けるこの書き方
 2 「ストーリー作文」で、苦手な人も長くおもしろく書ける!
 3 読み手をどんどん惹きつける文章の展開法
 4 一瞬で変わる!文章に迫力が出てくるこの方法
 5 「書く力」が劇的に伸びる3つのポイント
第3章 読むだけで実感!活き活きとした文章の書き方
 1 この狙い目で、書く前に差をつけられる!
 2 文章に味わいを出す――描写を加える
 3 伝えたいことをスパッと伝える――感想を入れる1
 4 文章に奥行を出す――エピソードを入れる1
 5 文章にドラマ性を出す――エピソードを入れる2
 6 伝えたいことを印象深く伝える――感想を入れる2
 7 全体を考えてまとめに入る――仕上げる
 8 文章をどう書くかはあなたしだい
第4章 「自分」を語ることで、もっと「伝わる文章」が書ける!
 1 いっそう「魅力ある文章」が書けるこの方法
 2 あなたは、誰に何を伝えたいのか?
 3 個性を出すのが文章上達の極意
 4 大切なのは絵か?それとも額縁か?
 5 「自分」を語れば「書く力」はどんどんついてくる
第5章 そういうことだったのか!文章上達のために一番大事なこと
 1 土台がなければ力はつかない
 2 あらためて「自分」を見つめ直そう
 3 伝えたいメッセージを綴ることこそ文章の醍醐味
第6章 文章で夢追い人になる!「夢作文」で未来を描こう
 1 いざ、「自分探しの旅へ」!
 2 「夢」をストーリーで思い描いてみよう
 3 「書く」ということほど知的で愉しい経験はない!
 4 夢とは「結果」ではなく「プロセス」
 5 いい文章はあなたの生き方から生まれてくる

後半部の、必要以上に精神論を持ち出してくる点や、本全体から漂ってくる怪しげな自己啓発のニオイなどには、私もアレルギーを感じてしまう。

本書の主題は「文章はテクニックで書くものではない」ということで、それ自体は「なるほど」と思える。
しかし、じゃあ一体どうすればいいんだ?という問いに対して、感覚的な説明や精神論に終始してしまっているのが残念だった。
結局分からないままなんですけど、っていうイライラは残ってしまう。

それでも、読んでおいて損はしないと思う。
私が読んで役に立ったなと思ったのは、第2章と第3章。
ストーリー作文なる方法が提唱されている。それ以外にも細かい手法もいろいろ。

文章を書くときに普段から意識せずにやっていることを、あらためて確認できた気がする。


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。