2007-11-03

『ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ ハイテク海洋動物学への招待』佐藤克文 を読んで

ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ(光文社新書)ハイテク海洋動物学への招待佐藤 克文ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ
ハイテク海洋動物学への招待
(光文社新書)
佐藤 克文

souiunogaii評価 ハート5つ

著者の佐藤氏は、ウミガメ、ペンギン、アザラシなどを相手にする海洋生物学者だ。
内容紹介
ペンギン、アザラシ、ウミガメなどの水生動物は、海の中でどのように活動しているのだろうか?
その生態は、直接観察できないため謎が多かった。
だが、今や日本発のハイテク機器「データロガー」を動物に取り付けることによって、本来の生息環境化で、己の生存をかけてきびきびと動き回る動物たちの姿が解明されつつある。
この分野では、教科書を書き換えるような新発見が相次いでおり、「バイオロギングサイエンス」という新しい学問が誕生した。
いま、生物研究のフロンティアは水の中にある。

本書の表紙を開いてページをめくっていくと、まず最初に目に飛び込んでくるのは、何枚ものペンギン、アザラシのカラー写真だ。
この写真を見て、読んでみよう、と思った。
写真も良いが、もちろん本文の方もすばらしく面白かった。

南極という特別な環境の下で、動物という思い通りにはならない相手を前にして、困難を一つひとつ順に解決しながら研究を進めていく、学問の最前線で活躍する科学者の奮闘する姿が、鮮明に目に浮かんでくる。
彼らの興奮、感動がめいっぱいに伝わってくる。
もくじ
はじめに
1章 カメが定温動物でトリが変温動物?
2章 浮かび上がるペンギンと落ちていくアザラシ
3章 研究を支えるハイテクとローテク
4章 アザラシは何のために潜るのか?
5章 ペンギンの潜水行動を左右するもの
6章 ペンギンはなぜ一列になって歩くのか?
7章 教科書のウソとホント
あとがき

新たに明らかになってきた、ペンギン、アザラシ、ウミガメの生態の秘密。
それは最先端の研究成果なのだけれど、高校生程度の知識で十分に読めるように、非常に平易に明解に書かれている。

そして、本書が特別な本であるのは、ただ単に分かりやすいというだけでなく、面白い、という点にある。
最先端の研究の意義を一般の人に伝えたい!という著者の情熱が、文章全体からあふれ出している。
本書は確かに科学の本であるが、冒険小説を読むようなドキドキ・ワクワクを感じずにはいられない。

南極での実際の研究の様子が、読者自身にまるでその現場にいるかのような感覚を与えるほどに、生き生きと描かれている。
私自身は、ペンギンに触ったこともなければ、もちろん南極に行ったこのもない。
しかし本書を読むことで、それらを疑似体験できた気さえしてくる。

著者が行っているのは、データロガーと呼ばれる小型の計測機器やカメラを、直接動物たちの体に取り付けて、体温・泳ぐ速さ・潜る深さ・巣中の映像などを記録・分析するという研究だ。
機器自体は日本の電子技術が造ったハイテクなものなのだが、現場でのそれの使われ方は何ともローテクなのが面白い。
対象となる動物を見つけたら、体を押さえつけて、機器を接着剤やテープで固定し、白髪染めで目印をつけ、海に放す。
そして、再び陸に上がってくるのときを、何日も待ち続ける。

最先端の研究ということで、やることなすこと全てが初挑戦のことばかり。
「すべてのことが手探りであった。」

ウミガメを見つけるために、夜の砂浜を研究道具を持って歩き回っては、知らない人に怪しまれ注意される。
体重300kgのアザラシの周りをぐるぐる回りながら、必死に袋をかぶせておとなしくさせる。
目標のペンギンを探し出すために、無線アンテナを持って氷の上をスノーモービルで走り回る。
南極でのトイレは、氷の地面に穴を開けただけのもの。

海洋生物学の最前線の現場は、興奮と感激と驚愕の連続の毎日のようだ。

海外の学者たちとの共同研究の話もたくさん紹介されている。

日本とフランスとアメリカの文化の違いというか、会議の進め方、食事の風景、自然への姿勢などが国によって様々であることも、いろいろ書かれていて面白い。

今まで世界中の研究者たちが抱えてきた多くの謎が、少しずつ解き明かされてきている。
そんな中から、中学高校の理科の教科書を書き換えるような新発見が次々に生まれている。
これまでの科学の歴史を見る限り、具体的目標を掲げて行われる研究が、当初の予定に沿った成果を収めることはごくまれである。研究者一人一人が、純粋に自分の興味の赴くままに突き進んだ先に行き着いた発見が、結果的に予想外の分野で大きく役に立つといった例が非常に多い。
バイオロギング研究も、将来予想外の何かに役立ったりするのだろうか。
絶対に役に立たないとは言い切れまい。しかし、そんなことを陰で期待しながら研究を進めていくのは不純である。何かの役に立てようなどといった下心を持たず、おもしろい研究を突き進めていくのが、科学者として真摯な態度なのだと思う。

南極を研究の舞台にしてきた著者が、かつて南極点を目指した偉大な探険家スコットへのあこがれを書いているのもまた、かっこいいなと思う。

本書の最後の章は、次の文章で締めくくられている。
「求む男女。ケータイ圏外。わずかな報酬。極貧。失敗の日々。絶えざるプレッシャー。就職の保証なし。ただし、成功の暁には、知的興奮を得る」

海洋研究所 佐藤克文ホームページ
東京大学海洋研究所 国際沿岸海洋研究センター
日本バイオロギング研究会
国立極地研究所

書評 - ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ :404 Blog Not Found
世界最悪の旅―スコット南極探検隊(中公文庫BIBLIO)アプスレイ・チェリー・ガラード(著), 加納一郎(訳)世界最悪の旅―スコット南極探検隊
(中公文庫BIBLIO)
アプスレイ・チェリー・ガラード(著)
加納一郎(訳)

「皇帝ペンギン」DVD プレミアム・エディション監督:リュック・ジャケ「皇帝ペンギン」
プレミアム・エディション
監督:リュック・ジャケ


この記事へのコメント
どうも、2回目のトラバを受けたので、こちらも送らせてもらいました。
よろしくです。
Posted by 司 隆 at 2007-11-05
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ ハイテク海洋動物学への招待』  :本だけ読んで暮らせたら  2007-11-04
Excerpt: 『ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待』? 佐藤 克文/著、 光文社新書(2007) 動物学に出現した新たなメソッドを紹介しているのが本書である。 ..

ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ  :ブログ~19XX homepage~  2007-11-05
Excerpt: 通勤中に読んでいて、とりあえず読み終えた本。 ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ (佐藤 克文 著/光文社 刊) ウミガメやアザラシ、ペンギンなどの生物を研究している方が、自分の研究内容..

魚市場にて  :料理の・・・鉛人  2007-11-10
Excerpt: さてさて 蝋が溶けて海に落ちた私たち 魚市場に到着です 仲良しですねぇ かわいいなぁ 売り上げも右肩上がり ジンベエザメさんのオーラはすごすぎる 意外と高速..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。