2007-09-28

『ワーキング・ホリデー』坂木司 を読んで

ワーキング・ホリデー (文藝春秋)坂木 司ワーキング・ホリデー
(文藝春秋)
坂木 司


souiunogaii評価 ハート4つ

読んでて、とっても気持ちの良くなる爽やかな小説でした。
読み終わったあとの、何とも言えない爽快感が、良い。
夏休みに見る映画にも似た、こういう感じの気持ちよさ、大好きです。
内容紹介
夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに、突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の教育上ホストはよろしくない、と大和は昼間の仕事である宅配便のドライバーへ転身するのだったが……。正義感溢れ、喧嘩っ早くて義理人情に篤い大和。家事にたけて口うるさい、おばちゃんのような中身の進。仕事や仲間を通して、二人は絆を深めてゆくが、進の夏休みも終わりに近づいて……

見知らぬ少年が突然に目の前に現われて、一緒に暮らし始めて、二度と忘れられない最高の夏休みを過ごす。
戸惑いが喜びに変わっていく。

家事が得意で主夫みたいな言葉を繰り出す小学生の進と、元ヤンキーでちょっと乱暴だけれども自分の正義と信念を堂々と持っている、父親の大和。
父親と息子の何ともいえず絶妙な距離感が、たまらなく良い。
「自分のスタイルを貫くこと。どんなに他人から笑われようが、自分の信じた道をゆくこと。それがカッコ良さを生み出すんだ。わかったか?」
「うーん……わかるようなわからないような……」
半信半疑の態度に業を煮やした俺は、おっさんから貰ったタオルをぎゅっと頭に巻いて見せる。
「どうだ。カッコ悪いか?」

元ヤンキーで、前職はホストの男が、一転して宅配便の配達員になる。その働く姿が、もうとにかくカッコいい。
重い荷物をもって階段をのぼって、雨の中を濡れながら走って。
宅配便の配達員への見方が、この小説を読んで少し変わったような気もする。
今まではあまり感じていなかった「ありがとう」「ごくろうさま」の気持ちが、意識できるようになったというか。
もうすぐ郵便が民間会社になるそうだけれど、あらためて“届けてくれる人”の存在に感謝しなきゃと思った。

ほとんどが登場人物のセリフと、主人公ヤマトの心の声で構成されている文章。
よけいな情景描写や説明文はとことん省かれている。
そのことが、場面を目に浮かべさせる不思議な臨場感を生み出していて、読む人をどんどん物語の中に引き込んでいく。
上手い文章だなと思う。
(あと、食事のシーンが多いんですが、これが本当に美味しそう。)

数々の出来事の後に、やがて訪れる夏休みの終わり。

いまの楽しい日々は永遠には続かないけれど、でも楽しいことはこれからも次々にやってくる。

「あんな父親だったらいいな」なんて、子供の頃はしょっちゅう考えたりした。
そんな、理想の父親像のひとつが、ヤマトなのかもしれない。
「二度と大和さん、なんて呼ぶなよ」
首の後ろに、汗じゃない湿り気がじわじわしみ込んできた。畜生。俺も鼻水が垂れそうだぜ。
「お前が嫌だって言ったって、俺は一生お前の親父なんだからよ」
「……うん!」

カッコいい男になるためのヒントがいっぱい詰まった、素敵な親子の物語です。


この記事へのコメント
TBありがとうございます。
『ワーキングホリデー」、物語の進めかたとか描写とかうまいですよねえ。
かっこいい男とはってのがいっぱい詰まっていると自分も思います。
こういう大人に自分もなりたいです。
Posted by 未衣名 at 2007-09-29
トラックバックをありがとうございます。
『ワーキング・ホリデー』は読後感のすっきりした良作ですよね。結構楽しく読んでしまいました。
Posted by ナカガワ at 2007-09-30
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★『ワーキング・ホリデー』(※父子)  :本うらら  2007-09-29
Excerpt: “俺はお前らを愛してる。  たとえこの夏で世界が終わっても、  俺は絶対恨んだりしねえから” 「初めまして、お父さん」  ホストクラブで働く主人公のヤマト。  仕事中に現われた小学生は、いきなり自分..

「ワーキング・ホリデー」坂木司  :しんちゃんの買い物帳  2007-09-29
Excerpt: ワーキング・ホリデー坂木 司 (2007/06)文藝春秋 この商品の詳細を見る うわっ!こんな表紙やったのか。書店のカバーを付けたままやったので、今まで知らんかった。 ホストクラブ「ジャスミ..

「ワーキング・ホリデー」坂木司  :ナナメモ  2007-09-29
Excerpt: ワーキング・ホリデー 坂木 司 元ヤンキーで現在はホストとして働いている沖田大和。ある夏の日、店に来た見知らぬ小学生の男の子が一言「初めまして、お父さん」と言う。その子小学5年生の進。母親は神..

ワーキング・ホリデー 坂木司 文藝春秋  :おいしい本箱Diary  2007-09-30
Excerpt: 坂木さんの、ハートフル・ストーリー。 心底からの悪人が、全くでてこないという・・。 宮部みゆきさんの「楽園」と並行して読んでいたので、この優しさが かえって胸に沁みました・・。「楽園」は凄かった..

ワーキング・ホリデー 坂木司  :粋な提案  2007-09-30
Excerpt: 装幀はtheGARDEN石川絢士。初出「別冊文藝春秋」2006年7月号〜2007年5月号。 主人公で語り手の俺:ヤマト(沖田大和)は元ヤンキーの売れないホスト。訪ねてきたのは息子...

ワーキングホリデー  :物欲王  2007-09-30
Excerpt: 駅まで歩いていく途中の道端に猫が横たわっていました。朝とはいえその日も暑い一日が予感される日差しの強さでした。猫が横になっている場所は大きなビルの陰になっていましたが、それでもアスファルトはかなりの熱..

ワーキング・ホリデー 坂木司  :"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  2008-01-02
Excerpt: ワーキング・ホリデー この本は気楽に♪気ままに♪のんびりと♪のゆきさん、まったり読書日記のエビノートさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった!やっぱ坂木..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。