2007-09-24

『ハイドラ』金原ひとみ を読んで。

ハイドラ (新潮社)金原 ひとみハイドラ
(新潮社)
金原 ひとみ


souiunogaii評価 ハート4つ

迫ってくる体温を感じながら感じた。――世界が変わっていくのを。
写真家の専属モデルであり、私生活でも密かに同棲をつづける早希。だが人形のような無機質さを求める男との暮らしに、次第に蝕まれてゆく。ある日、その閉ざされた部屋から彼女を引き出そうとする翳りのない男が現われるが……。堕ちてゆく痛みと無垢な愛への希求、自身への冷徹な眼差し。クールさと瑞々しさを湛えた、新境地を拓く傑作長篇。

何かが欠けてる生活、どこかが壊れてる生活。
そんな苦しい状況から逃げ出して、新しい世界に救いを求めようとする。
淡々と、静かに、でも一生懸命に自分の存在を確かめようとしている。
それが主人公、早希。

拒食症、嘔吐、ヘルスメーター、セックス。

早希の心の動きが、丁寧に繊細に、ひとつひとつ正確に選ばれた言葉で表現されている。

彼女が必死に探し求めていたのは、私にははっきりとは分からない。
彼女を積極的に応援しようとは思わない。
でも、どこかできっと生きていて欲しい。
「分かってるよ。俺のゆってることはみんな綺麗ごとだし、世の中が綺麗ごと肯定してるように見せながら否定してるってのも。そんで、多分早希もそういうの信じてないっていうのも」
見透かされていたのに気が付いて、フロントガラスに視線を走らせた。

金原ひとみの小説を読むのは、これが初めて。
大好きではないけれど、嫌いではないかな。

読み終わったあと、聴きたくなるのはCoccoの曲。
きらきら(初回限定盤) Cocco
きらきら(初回限定盤)
Cocco


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

不完全でも、化け物でも、布石を打っても 書評 金原ひとみ/ハイドラ  :初心者でもわかる小説の読み方  2007-09-25
Excerpt: ハイドラ金原 ひとみ新潮社1260円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/国内純文学_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 金原ひとみの書いた『ハ..

『ハイドラ』金原ひとみ  :ほんだらけ  2007-09-25
Excerpt: ハイドラ金原 ひとみ新潮社1260円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/国内純文学_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); ..

ハイドラ 金原ひとみ 新潮社  :おいしい本箱Diary  2007-09-26
Excerpt: ハイドラとは、ギリシャ神話に登場する九つの頭を持つ水蛇。切っても切っても、 新しい頭が生えてくる化け物である。「沼のようなところにいて、じめじめして、 腐敗臭がする」。そんなイメージを主人公に重ね..

ハイドラ / 金原ひとみ (新潮社)  :8 3 2【文学的】記録  2007-10-17
Excerpt: 人見知りが激しい私は、同じ匂いを第一印象で感じ取れないとその後なかなか進展しない。 第一印象で同じ匂いを感じたら、まるで昔から知っていたように話せるのだけれど。 慣れない人と一緒にいるのはすごく神経を..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。