2007-09-18

『疑う技術』藤沢晃治 を読んで

疑う技術―ウソを見破る9つの視点 (PHP新書)藤沢 晃治疑う技術
ウソを見破る9つの視点
(PHP新書)
藤沢 晃治

souiunogaii評価 ハート3つ

情報に対する姿勢を正してくれる、そんな本です。
新聞・テレビ・ネットなど、あふれる情報の見方や考え方が、この本を読んでリセットされた気がします。
内容紹介
「○○放題」は本当にお得?広告の写真や売り文句はどこまで信じていい?「科学的」という言葉にごまかせれていない?選挙予測の報道は正しい?マインド・コントロールはカルトだけ?儲け話に騙されたり、「常識」が真っ赤なウソだったということは、もはや日常茶飯事。玉石混交の情報の真偽は、自分の頭で判断しなければならない。本書は、身の周りに潜む情報の落とし穴を徹底検証する。「数字」「言葉」「安全」「メディア」「通説」はどこまで信用できるのか。本質を見極めるための知的情報整理術。

“疑う”というとマイナスのイメージがある気がしていました。
でも、そうではなくて、「自分自身で判断する」ことの大切さと、そのための方法を身につけることの大切さを教えてくれました。
もくじ
序章 「理解する技術」と「疑う技術」
第1章 セールスを疑え
第2章 数字を疑え
第3章 言葉を疑え
第4章 「科学的」を疑え
第5章 安全を疑え
第6章 メディアを疑え
第7章 通説を疑え
第8章 組織を疑え
第9章 自分を疑え

本の構成は「広ーく、浅く」という感じで、幅広い種類の情報に対しての正しい姿勢を書いています。
一つひとつのテーマは短い文章なので、とても読みやすくなっています。

著者の藤沢晃治は日テレの「世界一受けたい授業」にも出演したことがあるそうですが、恥ずかしながら私は知りませんでした。
この本を読む限り、知的で論理的で自分の目をしっかり持っている方なのかなと思いました。

藤沢晃治の頁


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

疑う技術 -- ウソを見破る9つの視点@藤沢晃治  :K's Labo  2007-09-19
Excerpt: いろんなところで目にする広告。 ちょっと待てよって思う事が肝心です。 そんな日常...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。