2007-08-27

絶版になった『ウケるブログ』高瀬賢一 を読んで

ウケるブログ(技術評論社)Webで文章を“読ませる”ための100のコツ高瀬 賢一ウケるブログ
Webで文章を“読ませる”ための100のコツ
(技術評論社)
高瀬 賢一

souiunogaii評価 

この「ウケるブログ―Webで文章を“読ませる”ための100のコツ」という本、そのわかりやすいタイトルに魅かれてブックオフで買ってきて読んだんですが、後でネットで調べてみたら著作権のトラブルで絶版になっている本だと知りました。
もくじ
第00章 プロローグ
第01章 書く前に
第02章 読み手を一目で惹きつける
第03章 惹きつけた読み手を逃がさない!その1
    〜中身で読み手を魅了する〜
第04章 惹きつけた読み手を逃がさない!その2
    〜読みやすさ、わかりやすさの追求〜
第05章 仕上げ

ホームページの内容が書籍化された本なので、横書きで余白も多く、かる〜い感じですぐに読めます。

“WEBでの文章の書き方”ということで、大きく次の2つのことについて書かれています。
・文章の見た目の大切さ(レイアウト)
・ネタの選び方、探し方
・文章そのものの書き方(文法、語法)

ブログの文章の書き方をいろいろ調べている方なら、どこかのサイトで見たことのある内容、なにかの本で読んだことのある内容ばかりで、特に目新しいことは書かれていないとは思います。

しかし、改めて一冊にまとめてあるこういう本をときどき読むことで、「あ、忘れてたけどそうだったよね」と再認識できることがたくさんあると思います。
当社は,当社刊「ウケるブログ」につき,樋口裕一氏から2006年11月16日に損害賠償等請求事件(東京地方裁判所平成18年(ワ)第25688号)を提起されましたが,同事件は,2007年3月27日,東京地方裁判所において,同書籍の著者高瀬賢一氏を含め,和解が成立して終了しました.
当社は,すでに樋口裕一氏による上記提訴前に,同書籍の回収を完了のうえこれを絶版としておりますが,改めて,以下のとおり表明します.

当社は,「ウケるブログ」(高瀬賢一著)を発行したことを陳謝するとともに,すでに絶版とした同書籍を,今後とも印刷,製本,販売又は頒布しないことを誓約致します.
「ウケるブログ」絶版について :技術評論社からのお知らせ 2007/03/31

この「ウケるブログ」が類似しているという「人の心を動かす文章術」も読んでみようかと思います。

人の心を動かす文章術 (草思社)樋口裕一
人の心を動かす文章術 (草思社)
樋口 裕一


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。