2019-05-19

[感想]『可愛い世の中』山崎ナオコーラ を読んで

4062939096可愛い世の華夏
(講談社文庫)
山崎ナオコーラ

souiunogaii評価


内容紹介
四姉妹の次女である豆子(まめこ)は32歳、芳香剤のメーカーで働いている。見た目も性格も地味な豆子だが、和やかな鯛造(たいぞう)と出会って結婚することになった。結婚式を準備していくなかで、豆子は、自分の金銭感覚が人生の変化とともに、にょきにょき変わっていくことをスリリングに感じ、ある決心をするのだった。


『微炭酸ニッキ』山崎ナオコーラ


yamanao.jpg
山崎ナオコーラさんインタビュー:BOOK SHORTS

山崎ナオコーラさんの作品、少し前にはまっていて何冊も読んでいた時期があった。
なんていうか、日常の会話では絶対使わない、詩のような表現を、すっと日常の言葉にしてしまう、その微妙な違和感が読んでいて微妙にくすぐったい感じが心地よくて癖になってしった。

ゴボウって素晴らしい。豆子はもう一度、この汚らしい野菜を賞嘆する。ゴボウのおかげで、マリッジブルーが、少しだけ薄らいできた。
「ゴボウのアロマってないのかなあ」
豆子はひとりごちた。


「『経済力』という名の香水があったら、それをふりかけたい」
豆子はひとりごちた。



本書の巻末の著者紹介のところには、山崎ナオコーラさんの「目標」というのが書いてある。
目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。グーテンベルク以来の出版業界の激変の中で、書店文化をどう残していくか、日々考えている。


ああ、こういう感じ、山崎ナオコーラっぽいなぁ、と。

可愛い世の中(山崎 ナオコーラ):書評「可愛いってちっぽけ?」:本のブログ ほん☆たす



この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。