2019-05-05

[読書メモ]『日本の10大新宗教』島田裕巳 を読んで

4344980603日本の10大新宗教
(幻冬舎新書)
島田裕巳

souiunogaii評価


なんとなく、図書館でふと目に留まって読んでみた。
著者の島田さんのホームページ、写真や色づかいが、なんとなく「ソレ」系で、・・・、と。

shimadahiromi.jpg
 『島田裕巳』公式ホームページ


なるほどなぁ、と思ったのは、「はじめに」の部分で書かれていた、日本人の「無宗教」感についての一節。
日本人が自分たちのことを「無宗教」と考えるのも、イスラム教徒と同様に、生まれたときから日本の既成宗教の信者になってしまうからである。日本の場合には、既成宗教が、神道と仏教という二つの宗教が組み合わさった特殊な形態をとっているために、自分たちを神道の信者と決めることもできないし、仏教の信者と決めることもできない。そこから、特定の宗教に属していないという意識が生み出される。
(中略)
明治に入って近代化されるまで、日本には、「宗教」という概念がなかった。
(中略)
明治に入って、宗教という概念が欧米から導入され、神道と仏教とが二つの宗教に分離されたにもかかわらず、日本人は、片方の宗教を選択できなかったため、自分たちを無宗教と考えるようになった。




内容紹介
多くの日本人は新宗教をずっと脅威と好奇の眼差しで見てきた。しかし、そもそも新宗教とはいかなる存在なのか。「宗教」の概念が初めてできた明治以後それがいつどう成立したか案外、知られていない。超巨大組織・創価学会に次ぐ教団はどこか、新宗教は高校野球をどう利用してきたか、などの疑問に答えつつ、代表的教団の教祖誕生から死と組織分裂、社会問題化した事件と弾圧までの物語をひもときながら、日本人の精神と宗教観を浮かび上がらせた画期的な書。

もくじ
はじめに
1 天理教
2 大本
3 成長の家
4 天照皇大神宮教と璽宇
5 立正佼成会と霊友会
6 創価学会
7 世界救世教、神慈秀明会と真光系教団
8 PL教団
9 真如苑
10 GLA(ジー・エル・エー総合本部)
おわりに


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。