2019-04-14

リコール隠しに悪戦苦闘するサラリーマンたちのリアルな姿に感動した!『七つの会議』池井戸潤 を読んで

4087454126七つの会議
(集英社文庫)
池井戸潤

souiunogaii評価



内容紹介
きっかけはパワハラだった! 会社の業績を牽引する稼ぎ頭のトップセールスマンであるエリート課長・坂戸宣彦。彼を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下で「居眠り八角」と呼ばれている万年係長・八角民夫だった。そして役員会が下した結論は、不可解な人事の発令だった。いったい二人の間に何があったのか。いったい今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。決して明るみには出せない暗部が浮かび上がる。ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。日本の今、企業の正体をあぶり出す、大ベストセラーとなった衝撃のクライム・ノベル。
目次
第一話 居眠り八角
第二話 ねじ六奮闘記
第三話 コトブキ退社
第四話 経理屋稼業
第五話 社内政治家
第六話 偽ライオン
第七話 御前会議
第八話 最終議案


池井戸潤さんの作品は、ドラマはいろいろ見たことがあるが、原作小説を読むのはこれが初めて。

いや、面白かった!

働く人の姿を描いたリアルな物語、第一話から第八話まで、順番に目線を変えながら、登場人物一人一人の背景から丁寧に描写されていて、みんな悩みながらも戦っているんだなぁ、というのが読んでいて本当にぐっと心に響いた。

とくに、印象に残ったのは、浜本さんが社内のドーナツ売り場を設置するために奔走するところ。
簡単そうにみえる小さな社内改善でも、その裏には一生懸命に動き回っている人が必ずいるんだ、と。
そういう表に見えない頑張る人に、感謝を忘れてはいけないな、と。

nanatsukaigi.jpg
 映画「七つの会議」公式サイト



この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。