2019-03-31

[感想]田舎出身コンプレックス、母親との不仲、教師担当クラスは学級崩壊、旦那は風俗狂い、そして病気・引き籠り、それでも耐えて生きていく彼女の本音の物語。『夫のちんぽが入らない』こだま を読んで

4065129702夫のちんぽが入らない
(講談社文庫)
こだま

souiunogaii評価


内容紹介
“夫のちんぽが入らない”衝撃の私小説――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。
同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。
交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落”の半生。“衝撃の実話”が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!


話題になっていたので手に取って読んでみました。

正直、うーん・・・な感じだった。

印象に残ったのは、前半の方のいかの部分。

私には「標準」が、どれほどのものかわからないが、彼のちんぽはかなり大きいほうなのだという。行きつけの風俗嬢に付けられたあだ名は「キング」だった。
(中略)
昔から私の番になるとちょうど機械が壊れるとか、私の買ったものだけ不良品とか、そういう運の悪さ、間の悪さで損をする場面が数えきれないほどあった。世の中の「偶発するちょっと嫌なこと」が、なぜか私に集中した。だから今回も自分のせいかもしれないと思っていた。


あぁ、こういう風に考える人なんだな、とそんな感じ。

なるほどと思ったのは、風俗のポイントカードの保管場所には、思いやりが必要だな、という点。

ottoc.jpg
 私小説『夫のちんぽが入らない』こだま|扶桑社公式特設サイト

otochin.jpg
こだま「夫のちんぽが入らない」特設サイト|講談社文庫

こういうのは、やはり立場によって感想が全然違うんだなぁ、と。

「夫のちんぽが入らない」があんまし面白くなかった件 〜赤裸々な性体験よりも親のディスの方が数億倍書きにくい〜

【感想】『夫のちんぽが入らない』こだま 性器の不一致。人も性器も、入れて出す、入って出ていく。それだけなのに、いつもちょっとだけ手遅れ……【ネタバレ・大人気】:勤務医開業つれづれ日記・3

『夫のちんぽが入らない』に号泣。実話を元にした小説から感じた“夫婦の数だけ夫婦の形がある”ということ:ママスタセレクト


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。