2016-02-11

自宅Linuxサーバ(3)BeeboxN3000にCentOS7をインストール(USBメモリでnetinstall)

全開の記事で、組み立てたASRockのベアボーン(Beebox N3000)に、CentOS7をインストールします。

自宅Linuxサーバ(2)組立て(ASRcokのBeebox N3000)

CentOS.orgのサイトから、Mirro Listを見て、IIJのFTPサイトから、netinstall.isoファイルをダウンロード。

https://www.centos.org/download/mirrors/
ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/7/isos/x86_64/

iijcentos7.jpg

ISOファイルをLive USB Createrで読み込んで、インストール用USBメモリを作ります。
https://fedorahosted.org/liveusb-creator/

liveUSB.jpg

では、USBメモリをBeebox N3000本体の前面USBポートに挿し込んで、電源ON。
少し待っていると、CentOSインストールの画面が表示されます。

日本語を選択。
20160211-101.jpg

インストール先のディスクを選択。自動構成のパーティション。
20160211-102.jpg

FTPサイトのURLを入力→「+」ボタンをクリック。
20160211-103.jpg

「!」マークの表示が全部消えたら、インストール開始できます。
20160211-104.jpg

rootユーザのパスワードを登録。
20160211-105.jpg

インストールが終わったら、最後に再起動。
20160211-106.jpg

再起動するときに、すぐUSBメモリを抜くのを忘れずに。
起動後の画面。rootユーザーでログインできることを確認。
20160211-107.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。