2016-02-11

自宅Linuxサーバ(2)組立て(ASRcokのBeebox N3000)

注文していたベアボーン、メモリ、SSDが届いたので、早速組み立てて起動してみます。

20160211-1.jpg

ASRock Beebox N3000/B/BB Braswell搭載小型ベアボーン ブラック PC2581 Beebox N3000/B/BB

ASRock Beebox N3000/B/BB Braswell搭載小型ベアボーン ブラック PC2581 Beebox N3000/B/BB


souiunogaii評価 


CFD-Panram ノート用 DDR3 1600 SO-DIMM 4GB 2枚組 CL11 W3N1600PS-4G

CFD-Panram ノート用 DDR3 1600 SO-DIMM 4GB 2枚組 CL11 W3N1600PS-4G


souiunogaii評価 


A-DATA Technology Premier Pro SP600 SSD 2.5inch SATA 64GB ASP600S3-64GM-C

A-DATA Technology Premier Pro SP600 SSD 2.5inch SATA 64GB ASP600S3-64GM-C


souiunogaii評価 


Beeboxの箱の裏面、側面の表記はこんな感じ。
20160211-2.jpg
20160211-3.jpg

中身を取り出すと、本体の他にもケーブル、ビス、ACアダプタ、説明書などが。
20160211-6.jpg

メモリ。特にこだわりなく価格だけで選びました。
20160211-5.jpg

SSD。軽さと薄さに驚き。
20160211-4.jpg

ベアボーン本体の裏ぶたを外したところ。
20160211-7.jpg

メモリと、SSDを取り付け。(図入りの説明書がついているので、簡単でした)
20160211-8.jpg

HDMIでディスプレイにつなぎ、キーボード・マウスはUSBでつなぐ。
OSインストールはUSBメモリから。
20160211-9.jpg


自宅Linuxサーバ(1)パーツ注文


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。