2011-04-17

『往復書簡』湊かなえ を読んで

往復書簡往復書簡
(幻冬舎)
湊かなえ


souiunogaii評価 

内容紹介
手紙だからつける嘘。手紙だから許せる罪。手紙だからできる告白。
過去の残酷な事件の真相が、手紙のやりとりによって明かされていく。
衝撃の結末と温かい感動。書簡形式の連作ミステリ。
もくじ
十年後の卒業文集
二十年後の宿題
十五年後の補修


ミステリー短編3部作。
どれも、手紙のやりとりで、過去の事件の真相が明かされていく、というスタイルの物語。
手紙ならではの、書いてから相手に届くまでの時間差。
そして、書いてあることが真実なのか、嘘、なのか。
最後の最後で、事件の真相を「告白」する手紙が来て、すべてが明らかになる、
そしてちょっとしたサプライズが待っている、というのは、いかにも湊かなえらしい作風。

私が特に、やられた、と思ったのは最後の「十五年後の補修」かな。
最後の「十五年後の補習」にやられました。最後感動的涙の嵐に溺れて放心状態!久々に感動モノだったなぁ。この短編だけの本だったら間違いなく★5つでした。それぐらい良かった。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!

そうそう、万里子と純一の、お互いへの愛情が詰まった手紙、そしてあの感動的なラスト。
やっぱり湊かなえ、すごいです。


手紙で交わす「告白」 湊かなえさん新作『往復書簡』 :asahi.com (2010/10/14)

【関連記事】
『告白』湊かなえ を読んで
『少女』湊かなえ を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。