2010-09-26

『勝手にふるえてろ』綿矢りさ を読んで

勝手にふるえてろ勝手にふるえてろ
(文藝春秋)
綿矢りさ


souiunogaii評価 

内容紹介(文藝春秋)
著者3年ぶりの新刊は、不器用なOLが脳内と現実の2つの恋の間で右往左往しつつ自分の道を探していく様を描いた新境地。
何とも思っていなかった同期に告白されて戸惑う良香。
26歳まで恋愛経験のない彼女はこれを機に、中学からひきずってきた不毛な片思いの相手に会ってみようと行動に出るが……。
時に暴走する遅咲きの主人公が愛しく思えて、切なくもコミカルな一風変わった恋愛小説です。


『勝手にふるえてろ』特設サイト:文藝春秋

「勝手にふるえてろ」著者インタビュー:文藝春秋

綿矢りさの待望の新作です。

主人公のヨシカは著者と同じ26歳。
ちょっと妄想癖の強い元オタクなOL。
脳内で勝手に作り上げたイメージと、現実世界の両方に気になる男性がいて、その間で思い悩む不思議な心理を、独特の間合いとリズムのある文章で綴る。
好きなタイプとか嫌いなタイプって多分けっこうあいまいなんだろうな。似たような人でもどこかがほんのちょっと違うだけで、心にひっかかる部位が違う。だって当たり前だけど、みんなそれぞれ違う人間だから。ニだって本当に冷静につくづく私を眺めたら、なんでこんな女好きだったんだろうと不思議に思うかもしれない。私だってイチを冷静にながめたら……。

一歩間違うと、単なる勘違いジコチュー女の独り言のような物語とも読めてしまうんだけれど、でも何だかヨシカちゃんのキャラが不思議な魅力を持っていて、気づくと彼女を応援したくなる気持ちもわいてくる、みたいな。

とにかく綿矢りささんにはこれからも積極的に作品を書いていってほしい、そう思わせてくれる一冊だった。

【関連記事】
『夢を与える』綿矢りさ を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。