2010-07-20

『この世は二人組ではできあがらない』山崎ナオコーラ を読んで

この世は二人組ではできあがらないこの世は二人組ではできあがらない
(新潮社)
山崎ナオコーラ


souiunogaii評価 

内容紹介
どうして全員が男女二人組でなくてはならないのか。社会とのつながりに切り込む〈反恋愛小説〉。

社会とは一体なんだろうか。この小説の舞台は狭いアパートだ。川を二つ越え、私は日々を営んでいた。大学卒業後、働き始め、経済力がついてきた。好きになること、二人暮らし、戸籍などへの疑念、小説に取り組むなかで、私はなにを捨て、なにを掴んでいくのだろうか。無冠の帝王が描く、純粋素朴な社会派小説。


山崎ナオコーラさんの『この世は二人組ではできあがらない』を読んだ。
感想、とてもとても良かった。
これまで、『人のセックスを笑うな』『カツラ美容室別室』『長い終わりが始まる』『論理と感性は相反しない』を読んできて、読むたびに山崎ナオコーラさんの書く文章が好きだ、そういう気持ちが強くなるのを感じてきたけれど、それがより一層強くなった気がする。

私は、山崎ナオコーラさんの書く小説が大好きだ。

そして本作は、著者自身も以下のように日記に書いている通り、間違いなく山崎作品の集大成的なものになっていると思う。
完全に力を出し尽くしました。
自分でも信じられないくらい、やりきった。
小説について、ずっと考えた。
これは、読んでいただきたい、と思ってしまいます。
構成とか、伏線とか、すごく考えたので、できたら深読みしていただきたい。
もう、これで山崎ナオコーラ第一期は、終わり。



主人公は、大学で日本文学を学び、卒業後は小説家を目指して作品を新人賞に応募し続ける女の子の栞ちゃん。
物語の舞台になっているのが、たまプラーザ、二子玉川、渋谷という東急田園都市線の沿線で、それが著者自身の自叙伝的な雰囲気を感じさせる。
栞ちゃんが、大学の先輩の紙川さんという男性と半同棲生活をしながら、ビミョーな距離感を保ちつつのある意味ちょっと不思議な恋人関係を作る姿が綴られる。
人はひとりで完全だ。だからベターハーフなんて探していない。価値はひとりの人間に十分ある。
「自分の存在のために誰かが必要」という考えでは生き続けられないだろう。アンドロギュヌスが半分に割れて、現在の人間が生まれたなんて、嘘だ。
人と人とは、関係がない。誰も、誰かから必要とされていない。必要性がないのに、その人がそこにいるだけで嬉しくなってしまうのが、愛なのではないか。

栞ちゃんの言葉として綴られる中に、著者山崎さん自身の人生に対する思想というか信念のようなメッセージ性を感じる、非常に力強い言葉がいくつも埋め込まれている。
これぞ山崎ナオコーラワールドだと、そう思う。

いつものテーマが、一つひとつのエピソードによって丁寧に真面目に正面からしっかりと描かれている。

とにかく、主人公・栞はブレない。全然ブレない。
そんな彼女が、半同棲の生活を通して、紙川さんや周囲の人間を少しずつ変えていく、その姿に真理のようなものさえ感じられて、何だかとってもカッコいいなと思った。

一人の人間が自立して自分の人生を歩んでいくということの、意味とか目的とか、そういうものを真剣に考えなきゃというような気持ちになる。
そんな力が、彼女の言葉に込められている。

ただひたすらに、文学というものに真摯に向き合う、山崎ナオコーラの本気を感じられるすごい一冊だった。

社会に放つ若い女性の「つぶやき」
[書評]『この世は二人組ではできあがらない』:asahi.com

【書評】『この世は二人組ではできあがらない』山崎ナオコーラ著:MSN産経ニュース
『この世は二人組ではできあがらない』刊行記念対談 川村 湊×山崎ナオコーラ

【関連記事】
『論理と感性は相反しない』山崎ナオコーラ を読んで
『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ を読んで
『カツラ美容室別室』山崎ナオコーラ を読んで
『長い終わりが始まる』山崎ナオコーラ を読んで


この記事へのコメント
こんにちわ、いつも更新楽しみさせて頂いています。

リンクして頂いている僕のサイトが引越しをしたのでお知らせによらせてもらいました。

メールの方が良かったかなと思ったのですがコメント欄に書かせてもらいます。このコメントはそのまま削除されて下さい。

CMSでサイトを構築し直したのでこれからは僕も頻繁に書評など更新出来ればと思っています。

一応動作テストが終わったので、トラックバックを貼ったりコメントしたり遊びに来て下さい。

それでは今後もよろしくお願いします。
Posted by ジョゼ at 2010-08-04
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。