2010-02-14

『ミート・ザ・ビート』羽田圭介 を読んで

ミート・ザ・ビートミート・ザ・ビート
(文藝春秋)
羽田圭介


souiunogaii評価 

内容紹介
首都圏から約1時間、地方都市に住まう19歳の主人公。予備校に通いつつ地元の友人たちと遊んでいたある日、ホンダの乗用車「ビート」を譲り受ける。
クルマの改造、新たな出会い、そして恋。疾走する群像小説。
第142回芥川賞候補にもなった新鋭による待望の最新刊

芥川賞候補作品に選ばれた、羽田圭介さんの最新作です。

『走ル』の自転車での疾走感が、今作では車になっている。
主人公は予備校生だが、受験勉強よりも工事現場で交通整理のバイトの方が忙しい感じのお気楽な感じの若者。

そんな主人公が、ホンダのビートに出会い、徐々に車にハマっていく。
まさに青春・車小説、みたいな。

登場人物たちの名前、っていうかあだ名が面白い。
ベイダー、ブヨ、レイラ、ザキさん、ユナ。

地方都市独特の空気の描き方も、上手い、気がする。

ただ、『走ル』で感じさせてくれたあの爽快感が、本作ではちょっとしぼんでしまったかな、と思った。

次回作に期待。

【関連記事】
『不思議の国のペニス』羽田圭介 を読んで
『黒冷水』羽田圭介 を読んで
『走ル』羽田圭介 を読んで




この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。