2010-02-13

『ばかもの』絲山秋子 を読んで

ばかものばかもの
(新潮社)
絲山秋子


souiunogaii評価 

内容紹介
絶望の果てに響く、短く不器用な、愛の言葉。待望の恋愛長篇。

気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、いつしか別れ、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失の中にいた。
行き場をなくし、変わり果てた姿で再会した二人の、むき出しの愛。生きること、愛することの、激しい痛み。そして、官能的なまでの喜び――。
待望の恋愛長篇。

久しぶりに絲山秋子さんの小説を読みました。

bakamono.jpg
本作品は映画化もされるだ(2010年春公開予定)。
監督は金子修介、主演は成宮寛貴、内田有紀。こちらも楽しみだ。

主人公のヒデが、物語序盤ではお気楽な大学生ライフを楽しんでいて、
あぁ、そういう何でもない日常を描く感じなのかな、と思いながら読み進めていくと、
徐々にヒデの人生が壊れていき、遂にはアルコール依存症で自分も周りの人間も大きく傷つけてしまい、どうしようもない闇へと落ちていきます。

一人の人間の人生が音を立てて崩れていく、その描写が非常に上手いなと思いました。
楽しかったあの頃にはもう二度と戻れない、失ってからその存在に気づく大切なたくさんのもの・人。

物語の舞台になっているのは、やはり群馬で、もう群馬で小説を書かせたら絲山さんの右に出る人はいないんじゃないかな、と。

物語のラストで、主人公のヒデを救い、またヒデによって自分も救われる女性・額子の存在がとってもイイ。
結局、人は誰かと一緒じゃなきゃ生きられないんだ、みたいなことを感じさせてくれる。



絲山秋子 Official Web Site

絲山秋子『ばかもの』刊行記念対談(佐々木 敦×絲山秋子):新潮社


【関連記事】
『ラジ&ピース』絲山秋子 を読んで
『ダーティ・ワーク』絲山秋子 を読んで
『海の仙人』絲山秋子 を読んで
『イッツ・オンリー・トーク』絲山秋子 を読んで
『袋小路の男』絲山秋子 を読んで
『絲的メイソウ』絲山秋子 を読んで
『逃亡くそたわけ』絲山秋子 を読んで
『沖で待つ』絲山秋子 を読んで
『ニート』絲山秋子 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。