2010-01-09

『モサ』山崎ナオコーラ&荒井良二 を読んで

モサ (ダ・ヴィンチブックス)モサ
(メディアファクトリー)
山崎ナオコーラ(文), 荒井良二(絵)


souiunogaii評価 

内容紹介
ナオコーラ版ムーミン!とでも言うべき不思議で愛おしい物語

東京近郊・ニカイの町、カルガリ一家の長男モサは人間じゃないけど、人間たちや不思議な生き物たちと暮らしている。親友はハリネズミのハリだ。モサは、世界のすべてに抗い、世界のすべてを受け入れる。
個性的なキャラクターたち子どもでもたのしめて、大人でも心に響くストレートな物語心に残る詩みたいにキラキラした言葉たち荒井良二さんのキュートなイラストもポイント。


ニートのモサが、自分のやりたいことを見つけ、自分で生き方を選んでいく、素敵な物語。
リアルとファンタジーが織り交ざった不思議な世界。

微炭酸ホームページ (山崎ナオコーラが書いています)

荒井良二 Ryoji Arai 公式サイト

【関連記事】
『カツラ美容室別室』山崎ナオコーラ を読んで
『長い終わりが始まる』山崎ナオコーラ を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。