2009-11-29

『きょうのできごと』柴崎友香 を読んで

きょうのできごと (河出文庫)きょうのできごと
(河出文庫)
柴崎友香


souiunogaii評価 

内容紹介
大阪から京都へ引っ越した友人の新居祝いに集まった、20代前半の男女。
けいと、真紀、中沢、かわち、正道……5人のわたし/ぼくを語り手に、真夜中を越えて続く「きょう」のちいさな「できごと」を切り取った全5編の連作短篇集。
文庫版の書下ろし短篇「きょうのできごとのつづきのできごと」も収録。
もくじ
レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー
ハニー・フラッシュ
オオワニカワアカガメ
十年後の動物園
途中で
きょうのできごとのつづきのできごと

柴崎友香さんの単行本デビュー作となった『きょうのできごと』。
本作品は、行定勲監督によって同タイトルで映画化もされている。

先日、『フルタイムライフ』を読んで柴崎友香という作家が俄然気になっていた私だが、
この『きょうのできごと』を読んで、ますますその魅力にハマってしまった。
あぁ、こういう作風もあるのか、いやむしろこっちが原点か、みたいな感じの発見もあった気がして、柴崎友香やるな、と思った。

短篇連作ということで、物語それぞれの語り手になる人物を変えながら、一つひとつのできごとを絶妙なバランスとタイミングでリンクさせ、視点移動の効果を最大限に引き出すその手法は、本当にみごとだと思う。

深夜零時をまたいでの一日のできごとを描いた物語なんだけれど、人物一人ひとりの過去現在を、時間と空間とに大きな広がりを持たせて伝えてくれると同時に、
一瞬一瞬のその場の雰囲気をも大切に表現しようとする、読んでいてすごく面白いと感じる場面の多い作品だった。
ほんまに、始まりすらなくて終わりすらない、そんなとてもささやかな
一シーンを切り取っただけなんだけど、
その一瞬で彼らたちがほんの少しだけ前に歩いたような、
そんな風にふと思える瞬間が幾度もあり、
私はとても前向きな気分になりました。
本を読む女。改訂版

↑は「本を読む女。改訂版」のざれこ さんの感想。
私的にぴったりな感じがしたので紹介させてもらいます。

何でもない、"日常"のなかにある「いいな、これ」と思える瞬間をとらえて、その連続でこんなに素敵な世界観を持つ物語として形にする、柴崎友香という作家、私はすごく好きです。

なにかドラマチックなものがあるものが小説、という意識もなかったですし、自分の好きな映画や写真は、場面や風景だけでも好きだから、それは小説でやっても全然おかしくないと思っていたんですね。とにかく私としては、なんにもないことを書きたい、と。なんにもなくても生きていけるということを書きたいと思ったんです。
柴崎友香ロングインタヴュー「世界をありのままに描きたい」
『文藝 2008年冬号』より





きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]きょうのできごと
監督:行定勲
出演:妻夫木聡、田中麗奈




【関連記事】
『フルタイムライフ』柴崎友香 を読んで


この記事へのコメント
はじめまして、幅広い書籍の紹介、更新をいつも楽しみにさせて頂いています。

以前から気になっていた「きょうのできごと」をこのブログの紹介を読んで我慢出来なくなり読みました。

すごく良かったです。
大切な本がひとつ増えました。

何も起きないのに疲れた時やリラックスしたい時に読むとなんだかほっとするんです。

僕もHPで本の感想を書いているんですが、この記事のリンクとブログへのリンクを貼らせていただきました。

もしもご迷惑なようでしたら訂正しますのでその時はご面倒ですが連絡下さい。

ではこれからも更新楽しみにしています。
Posted by ジョゼ at 2010-03-01
>ジョゼさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

柴崎友香さんの『きょうのできごと』は私の大好きな本の一つなので、ジョゼさんのコメントを読んで大変嬉しい気持ちになりました。

ジョゼさんのサイト、さっそく拝見しました。
デザインもコンテンツもとっても素敵です!

これからもどうぞよろしくです。
Posted by 管理人souiunogaii at 2010-03-03
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。