2009-11-23

『センネン画報』今日マチ子 を読んで

センネン画報センネン画報
(太田出版)
今日マチ子


souiunogaii評価 

内容紹
叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作!
柔らかなタッチ、淡い色づかいに、ちょっぴりスパイスの効いたストーリーが魅力の「叙情マンガ家」今日マチ子。彼女は2004年7月より、1ページのショートマンガ『センネン画報』を、ほぼ、毎日、更新してきました。
文化庁メディア芸術祭では、異例の2年連続受賞でWEBを中心に話題となり、ついに書籍化が決定いたしました。本書では1200点を超える作品の中から、春夏秋冬にあわせて作品を厳選。さらに、今日先生初の長編作品『海から36km』(32ページ)を収録します。
ずっと手元に置いておきたい、ステキな1冊に仕上がりました。

『フルタイムライフ』(河出文庫 柴崎友香)の表紙絵が今日マチ子さんが描いたもので、それがとっても気に入って、もっと今日マチ子さんの絵が見たくなって、この『センネン画報』を手に取りました。

柔らかくて瑞々しいタッチと、シュールな可愛らしさのある絵がとっても好きです。

今日マチ子のセンネン画報

『みかこさん』今日マチ子

三井住友銀行「ミドリさん」今日マチ子


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「センネン画報」 今日マチ子  :日々の書付  2010-04-13
Excerpt: 王様のブランチ等で話題となっていた今日マチ子さんの 「センネン画報」を読みました。 エロスとタナトス、ノスタルジックが入り混じった、 なんとも不思議でこころをつかまれる作品でした。 高校時..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。