2009-11-10

『陰日向に咲く』劇団ひとり を読んで

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)陰日向に咲く
(幻冬舎文庫)
劇団ひとり


souiunogaii評価 

内容紹介
ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年など、陽のあたらない場所を歩く人々の人生をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。
もくじ
道草
拝啓、僕のアイドル様
ピンボケな私
Over run
鳴き砂を歩く犬

映画「陰日向に咲く」は、映画館で見て、DVDで見て、その度に「美しい物語だよな」と胸に熱いものを感じる、とっても好きな作品ですが、
その原作小説である本書もまた、読み返す毎に「素敵なストーリーだな」と感じる。
劇団ひとり、こんなにも素敵な小説を生み出す彼の才能を素直にカッコいいと思う。

映画「陰日向に咲く」公式サイト
陰日向に咲く 通常版 [DVD]陰日向に咲く
出演:岡田准一, 宮崎あおい
監督:平川雄一朗

souiunogaii評価 


映画の中で流れる、澤野弘之さんが手がけた音楽も、とても好きだ。


【関連記事】
劇団ひとり『陰日向に咲く』の映画が1月に公開


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。