2009-10-31

『猛スピードで母は』長嶋有 を読んで

猛スピードで母は (文春文庫)猛スピードで母は
(文春文庫)
長嶋有


souiunogaii評価 

内容紹介
家族のカタチを爽やかに描いた芥川賞受賞作

「私、結婚するかもしれないから」「すごいね」。
小6の慎は結婚をほのめかす母を冷静に見つめ、恋人らしき男とも適度にうまくやっていく。現実に立ち向う母を子供の皮膚感覚で描いた第126回芥川賞受賞作と、
大胆でかっこいい父の愛人・洋子さんとの共同生活を爽やかに綴った第92回文學界新人賞受賞作「サイドカーに犬」を収録。

いや、面白かった。
まず、「サイドカーに犬」。
本書を読む前に、映画『サイドカーに犬』(竹内結子主演)は見たことはあったのだけど、あらためて原作を読んでみると、やっぱり素晴らしい。
映画では原作にはないエピソードの追加もあったけれど、やはりあの爽快な世界観はこの原作があったらかこそ生まれたのだと思った。
小学生の女の子と、その父親の愛人の女性とが何故か友達になる、そういう話なんだけど、二人の関係がすごくイイ感じなんだ。
物語は小学生の薫の視点から描かれている。
薫からみた洋子さんは、それまで出会ったことのないタイプの女性で、いろんなことがどれも新鮮で、自分のルールをしっかり持っている洋子さんはとにかくカッコよくって爽やかさにあふれている。
ちょっと戸惑いながらも、洋子さんのカッコよさに魅かれていく薫の姿を、子供ならではの感覚を大切に描いていて、上手いなと思う。

表題作の「猛スピードで母は」の方も、同じく子供から見たカッコいい大人の女性の姿を描いた物語。
こちらは、小学生の慎とその母親のお話なんだけど、この母親もやっぱりちょっと世間一般とは違う自分自身のルールをしっかりと持っている強い女性で、爽やかなカッコよさがある。

映画『サイドカーに犬』公式サイト
サイドカーに犬 [DVD]サイドカーに犬
監督:根岸吉太郎
主演:竹内結子


souiunogaii評価 




この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◎◎「猛スピードで母は」 長嶋有 文藝春秋 1238円 2002/1  :「本のことども」by聖月  2009-11-02
Excerpt:  第126回芥川賞受賞作である。どういう傾向の作品が芥川賞候補になるとか直木賞候補になるとかの前提はさておいて、評者の心に位置する両賞のありかたを振り返ってみたい。  中学時代にそれなりの本は読..

長嶋有のことども  :「本のことども」by聖月  2009-11-02
Excerpt: ◎◎ 『猛スピードで母は』   〇 『タンノイのエジンバラ』   〇 『ジャージの二人』 ◎◎ 『パラレル』   ▲ 『泣かない女はいない』 ◎◎ 『夕子ちゃんの近道』   〇 『ぼくは落..

長嶋有 「猛スピードで母は」   :ゼロから  2010-08-26
Excerpt: 愛人に息子の世話をさせる父親。そんな旦那に愛想を付かして、家出するが息子のことをきになり、戻ってきて愛人に平手打ち。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。