2009-10-17

『終わりは始まり』中村航&フジモトマサル を読んで

終わりは始まり終わりは始まり
(集英社)
中村航, フジモトマサル


souiunogaii評価 

内容紹介
可愛くて不思議で面白い、ぐるぐるワールド
読者が投稿した回文をもとに、フジモトマサルのイラストレーションと、中村航のショートストーリーをコラボレーションさせた掌編集。言葉遊びの面白さを堪能できる、めくるめく回文の世界。

回文を題材にしたショートストーリー集。
一つの物語は3〜4ページほどの短いものばかりなんだけれど、そのどれもが中村航のニオイが感じられる素敵なもので、読んでいる心がろ過されているような気になる。

全部で27編の話がある中で、私が一番気に行ったのは「秀男さんの代わり」かな。
ひたむきに一つのことのために打ち込み、遂に素晴らしい成果をあげた男と、彼の努力を支え続けた男、二人の姿が何だかとってもカッコ良かった。
たった数ページの文章でこんなにも素敵な世界を作り上げ人を感動させることができるなんて、やっぱり中村航ってスゴイんだ!そう思った。

言葉の美しさを感じてとても満たされた気分になれる、そんな一冊だ。


中村航公式サイト

フジモトマサルの仕事


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。