2009-10-16

『ジャージの二人』長嶋有 を読んで

ジャージの二人 (集英社文庫)ジャージの二人
(集英社文庫)
長嶋有


souiunogaii評価 

内容紹介
『猛スピードで母は』で芥川賞を受賞した著者が、「低スピードな父」との関係を描いた話題作。
失業中で小説家志望の息子。妻はよその男と恋愛中。三度目の結婚生活も危うそうな、写真家の父親。
そんな二人が軽井沢の山荘で過ごす、とりとめのない夏の終わりの思い…。

『ジャージの二人』映画の方は観たことがあって、たまたまその原作本を見かけたので読んでみました。
原作の雰囲気を見事に映画作品にした中村義洋監督の手腕を感じ、やっぱりすごいなと思った。
この親子って大事なことは何も言わないんですよね。でもその関係はねじれてはいない。世の中には何でも話し合う気味悪いぐらい健全な家族もいると思いますけど、人とのつき合い方や家族とのつき合い方の距離感が僕にとってはかなりリアルなところに共感できたんです。
中村義洋監督

森の中の古びた家で、中年の男二人が過ごす。平凡な生活風景の中に見る何とも言えない気だるい感じがとっても面白い。
妻が浮気しているとか、やりたい仕事ができないとか、結構深い悩みを抱えていながらも、決して深刻そうな姿は見せない、そんな父と息子の間の距離感がほんとに絶妙で、おもわずクスッと笑ってしまう。

派手な事件やクライマックス的な場面は全くなくラストまでずうっとフラットな感じの静かな物語。
たまにはこういうのもいいな、と思う。

映画『ジャージの二人』公式サイト

ジャージの二人 [DVD]ジャージの二人
出演:堺雅人, 鮎川誠
監督:中村義洋


souiunogaii評価 


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。