2009-10-04

『この本が、世界に存在することに』角田光代 を読んで

この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)この本が、世界に存在することに
(メディアファクトリー)
角田光代



souiunogaii評価 

内容紹介
本への愛情をこめて角田光代が描く新境地!

第132回直木賞受賞作家 最新短編集。
本への愛情をこめて角田光代が描く新境地!泣きたくなるほどいとおしい、ふつうの人々の“本をめぐる物語”が、あなたをやさしく包みます。
心にしみいる九つの短編を収録。

たびする本 / だれか / 手紙 / 彼と私の本棚 / 不幸の種 / 引き出しの奥 / ミツザワ書店 / さがしもの / 初バレンタイン / あとがきエッセイ 交際履歴

読んで良かった。
『この本が、世界に存在することに』このタイトルを見た瞬間に「なんて素敵な言葉なんだ。これは絶対に読むべきだ」って感じた。
その予感は間違ってなかった。
とっても素敵な物語ばかりの、とっても素敵な短編集だった。
私自身、この本に出会うことができて、本当に良かった、そう思えた。

本にまつわる短い物語、その一つひとつから、伝わってくるメッセージが、心にしみ込んでくる感じがたまらなく心地よかった。
この本を、中原千絵子は中学三年生のとき読んだ。読み終えて、神さまありがとうとまず思った。神さま、この本が世界に存在することに感謝します、と。この本が存在するのとしないのとでは世界はだいぶ違うだろうと中原千絵子は考えた。

本によって、世界の見え方が変わる瞬間がある。
本によって、人生が動く瞬間がある。

これからも、素敵な本に出会いたい、そう心から思える一冊。


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

この本が、世界に存在することに*角田光代  :+++ こんな一冊 +++  2009-11-01
Excerpt: ☆☆☆・・ 角田さんの小説は、小説なのかエッセイなのか読み初めてしばらく迷うことが多い気がする。 この作品も、タイトルからして「ど...

「この本が、世界に存在することに」角田光代  :しんちゃんの買い物帳  2009-11-02
Excerpt: この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)(2005/05)角田 光代商品詳細を見る 読み終えたら疲れる作家。自分にとって角田さんの...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。