2009-10-04

『宇宙がよろこぶ生命論』長沼毅 を読んで

宇宙がよろこぶ生命論 (ちくまプリマー新書)宇宙がよろこぶ生命論
(ちくまプリマー新書)
長沼毅



souiunogaii評価 

内容紹介
「生命とは何か?」その答えは宇宙にあった!

宇宙生命よ、応答せよ。
数億光年のスケールから粒子レベルの微細な世界まで、
とことん「生命」を追いかける知的な宇宙旅行に案内しよう。
「宇宙の中の自分」を体感できる、宇宙論と生命論の幸福な融合。
もくじ
はじめに―宇宙生命よ、応答せよ
第1章 生命のうつわ、ウチュウ―宇宙論入門の入門
第2章 水、この奇妙なるもの―生命にとって唯一無二の物質
第3章 生命を駆動する化学エネルギー―量子構造を理解する
第4章 電磁気力と生命―わが太陽から放射される色と光の恵み
第5章 生命の偶然と必然―生命と非生命のあいだ
第6章 可能性と実在性―「星が輝く宇宙」に満ちるもの
あとがき

面白かった!
著者は生物学者の長沼毅さんです。
以前、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されていたのを見て以来、この人のファンになってしまいました。
生命の起源を探すために、深海でも火山でも南極でも、どこまでも自分の足で調査に赴くその熱い姿がとても印象的で、「あぁ、この人なんてカッコいいんだ!」と思いました。
広島大学 海洋生態系評価論研究室
生物学者・長沼毅「地の果てにこそ、真実がある」:NHKプロフェッショナル仕事の流儀(2007/09/18)

そんな長沼さんの本、文章がとっても素敵なんです。
自分の好きな研究のことを、広く一般の人にも知ってもらいたい。こんなに面白い世界があるんです、スゴイでしょう!
そういうメッセージがビシビシ伝わってくる、何ていうか、科学について書かれた本なのに理性じゃなくて本能に訴えかけるような、そんな不思議な力が長沼さんの文章にはある気がします。

本書『宇宙がよろこぶ生命論』は、2006年の東京工業大・大学院の地球惑星科学の集中講義がもとになっているそうです。
(原稿は南極観測の合間に執筆されたとか)

この地球に生命が生まれたのが、科学的にどれほど奇跡的な出来事だったのかを、宇宙論・電磁気学・量子化学・分子生物学などのさまざまな科学的目線から語ってくれています。
登場するキーワードを拾っていくとこんな感じです。
真空のエネルギー、スポンチカフェ(SPONCH CaFe)、インフレーション、ダークマター、マルチバース(多宇宙)、人間原理、異状液体、素粒子、パウリの排他律、水素結合、フントの法則、ビラジカル、パンスペルミア、エントロピー増大の法則、…

サイエンスを文学的に熱く語る、長沼スタイルの文章は読んでいて非常に楽しいしワクワクしてきます。
そして、ところどころに中原中也の詩やリグ・ヴェーダ讃歌、アーサー・C・クラークなどの文学作品を引用しているのも素敵だ。

とにかく、こんなにも情熱を持ってサイエンスの魅力を伝えられるなんて、生物学者・長沼毅の素晴らしい才能だと感じる。
生命のポテンシャルを胚胎し、じっさいに生物というリアリティを生んでしまった宇宙は、そのことを後悔していない。これは、文学的というか、非科学的に聞こえるだろう。しかし、意外なことに本当にそうなのだと言ったら、ますます「この狂人科学者め」と思われるだろうか。

科学を学ぶ道を志す高校生や大学生に、ぜひおススメした一冊。
やっぱり長沼毅は、カッコいい。

【関連記事】
『深層水「湧昇」、海を耕す!』長沼毅 を読んで
生物学者・長沼 毅を「プロフェッショナル 仕事の流儀」NHK で見て。


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。