2009-09-26

爆笑問題の太田光がおススメ本を紹介。『太田光が選ぶ松田チョイスBEST3』:王様のブランチ(TBS)

今日(9/26)の「王様のブランチ」のbookコーナーで、爆笑問題の太田光が、
「太田光が選ぶ松田チョイスBEST3」というのをやっていたので、紹介します。

チョコレートコスモスチョコレートコスモス(毎日新聞社)恩田陸
これは、あの名作漫画『ガラスの仮面』にインスパイアされた、芝居の世界の物語です。(中略)
本当に舞台を見ているような感じで、一人一人のキャラクターが目の前に浮かび上がってきます。そして終盤、同じ台本を演じ分けていくところは、緊迫感のあるしなやかな文章で畳み込まれていくので、めくるめく別世界に連れて行かれるような陶酔感を味わえました。

『「王様のブランチ」のブックガイド200』松田哲夫

感情の天才と、形の天才が出てくる。大竹しのぶと橋爪功みたいな。
芝居を食わず嫌いしている人に読んで欲しい。
太田光


八日目の蝉八日目の蝉(中央公論新社)角田光代

2007年のブランチBOOK大賞受賞作です。
不倫相手の赤ん坊を誘拐し、その子を連れて逃亡生活を続けていくOLの物語なのだが、こんなに深い作品になるとは思わず、読了後には呆然としてしまった。(中略)
しかし角田さんがすごいのは、この後の「2章」にあるんです。時が過ぎて、誘拐された子どもが成人になっています。(中略)
そして、自分をさらった女と同じようなシチュエーションに追い込まれた彼女は、「自分とは何か」を探る旅に出かけ、その果てに光り輝く光景に出会うんです。これは、本当に感動的なラストシーンでした。小説を読む喜びを感じさせてくれる素晴らしい作品です。
『「王様のブランチ」のブックガイド200』松田哲夫

これ以上の作品は生まれないと思うほど、角田光代の頂点と呼べる小説だ。
本当の幸福っていうのは、その時には気づけない。そのことを教えてくれる。

太田光


のぼうの城のぼうの城(小学館)和田竜
まず、城主の長親というキャラが最高です。「のぼう様」、すなわち「でくのぼう」と呼ばれて、部下や領民から好かれている。といっても尊敬されているのではなくて、あまりにも頼りないので、なんとか守ってやらないとという気持ちにさせられる人物なんです。(中略)
「のぼう様」の周囲にも、攻める側にも、魅力的なキャラが揃っていて、彼ら戦国武将の意地と意地のぶつかりあいが見事です。

『「王様のブランチ」のブックガイド200』松田哲夫

松田さんが紹介してくれなかったら、読んでなかった。
太田光


大恐慌時代―爆笑問題の日本原論6大恐慌時代―爆笑問題の日本原論6(幻冬舎)
こんな本は紹介したくなんだよ。
太田光

政治の話をしながらも、正論になっていないところが良い。
松田哲夫


13年も王様のブランチで本を紹介し続けてきた松田哲夫さん、今日の放送で番組を去るそうです。お疲れさまでした。

王様のブランチBOOKコーナー(2009/09/26):TBS

【関連記事】
本の虫、太田光がおススメ本を紹介。爆笑問題・太田光の『太田チョイス』:王様のブランチ(TBS)
『「王様のブランチ」のブックガイド200』松田哲夫 を読んで(1)

『憲法九条を世界遺産に』太田光・中沢新一 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。