2009-03-14

『マイケル・ファラデー 科学をすべての人に』(オックスフォード科学の肖像) を読んで

マイケル・ファラデー―科学をすべての人に (オックスフォード科学の肖像)マイケル・ファラデー
科学をすべての人に
(オックスフォード科学の肖像)
コリン・A・ラッセル(著)
オーウェン・ギンガリッチ(編)
須田康子(訳)

souiunogaii評価 

内容紹介
ロンドン市民を講演で熱狂させた最大の実験科学者
1804年、13歳で書店兼製本屋の徒弟となり、そこで出会った本をきっかけに科学の道を志す。電気と磁気の科学の開拓者として数々の発見とともに、『ロウソクの科学』(岩波・角川文庫ほか)として読み継がれる王立研究所のクリスマス講演を立ち上げ、市民や子ども向け科学講演の基礎をつくったファラデーの業績と生涯をわかりやすく伝える。

本書は、電磁誘導を発見したことで有名な、19世紀の科学者マイケル・ファラデーの伝記です。

私がファラデーの名を最初に聞いたのは、中学生のときだった。
理科の教科書に、彼の肖像があったのを覚えている。
そのときの授業の中で、理科の先生はこう言った。
「ファラデー、この人は天才だ」
そして、それに続けてこうも言った。
「君たちが高校に進んで、"物理"という科目の勉強をすることになると、このファラデーの発見に始まった"電磁気学"のことをもっと詳しく学ぶことになる。とにかく素晴らしい功績を残した偉大な人だ。先生はファラデーという人が大好きだ」

また、浪人生時代に通っていた予備校の物理の講師も、同じようにファラデーについて熱く語っていた。

あれから10年が経って、こうしてファラデーの伝記を読んでみて、今やっと、先生があのときどういう気持ちで話していたのかが分かった気がした。

ファラデーの父は鍛冶屋で、一家がイングランドの田舎からロンドンに出てきたばかりの頃に彼は生まれた。
生活はけっこう苦しかったようで、13歳のときに近所の製本店で働き始める。
満足な教育を受けられられなかったファラデーは、製本の仕事の中で数多くの本に出会い、"化学"という学問の面白さを知る。

そこから、ファラデーの果てしなく壮大なストーリーが始まる。
もくじ
第1章 科学の劇場
第2章 ファラデーのルーツ
第3章 ロンドン――製本屋の徒弟
第4章 王立研究所員
第5章 初期の化学実験
第6章 電磁気学研究の開始
第7章 化学を語る
第8章 電気、そして磁気の本格的研究
第9章 電磁気学――「神の庭で遊ぶ」
第10章 晩年

本書でも、「社会そのものの様相をも変えた人物、『世界史上もっとも偉大な実験自然哲学者』」とか、「電磁気学という拡大された科学の父」という風な言葉で語られる、ファラデーという人が、どんな道を歩んで、あの発見にまで至ったのかを、丁寧な当時の社会情勢や文化の描写を交えながら、語られる物語。
ファラデー自身の言葉で言うと、「普通の磁石で永続的な電流をつくりだすこと」に成功したのだ。発電機の発明である。
(中略)
この発見は、ファラデーにとっても新たな電気時代の幕開けとなった。この発見から、現在の発電機が生まれ、それをもとに巨大な電気産業が築かれることになる。

科学することの大切さを生涯をかけて伝え続けた、偉大な人物ファラデー。

【関連記事】
『ダーウィン 世界を揺るがした進化の革命』(オックスフォード科学の肖像) を読んで
ロウソクの科学 (角川文庫)ファラデー(著), 三石 巌(訳)ロウソクの科学
(角川文庫)
ファラデー(著)
三石 巌(訳)



この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。