2009-02-28

『蛇にピアス』金原ひとみ を読んで

蛇にピアス (集英社文庫)金原ひとみ蛇にピアス
(集英社文庫)
金原ひとみ


souiunogaii評価 

内容紹介
蛇のように舌を二つに割るスプリットタンに魅せられたルイは舌ピアスを入れ身体改造にのめり込む。
恋人アマとサディスティックな刺青師シバさんとの間で揺れる心はやがて…。
第27回すばる文学賞、第130回芥川賞W受賞作

ふとした瞬間に突然思い出して、もう無性に読みたくなる。
金原ひとみ作品中毒症。
今回読んだのは、金原ひとみの原点とも言える『蛇にピアス』。

感想を書くのは非常に難しい。
この独特の世界から感じる気持ちを、うまく表現する言葉がなかなか見つけ出せない。

でも、読めば読むほどに引き込まれてしまう、魔法のような力を持つ物語には、やっぱり金原ひとみの小説はイイ!と言いたい。
所有、というのはいい言葉だ。欲の多い私はすぐに物を所有したがる。でも所有というのは悲しい。手に入れるという事は、自分の物であるという事が当たり前になるという事。手に入れる前の興奮や欲求はもうそこにはない。

扱っている題材そのものは、舌ピアスや刺青というハードなものだけど、そういう表面的なものの奥に見える、「愛って何?」みたいなメッセージが聞こえる瞬間があって、そこを読むときには、不思議に涙がでそうなくらい胸に来るものがある。

作家 金原ひとみに聞く:L-Cruise日経トレンディネット(時代の仕掛け人51回)

蛇にピアス公式サイト
映画「蛇にピアス」公式サイト

吉高由里子、ヌードに挑戦して「人生を捧げる」 - 『蛇にピアス』完成会見:マイコミジャーナル(2008/07/16)

蛇にピアス:情報考学 Passion For The Future

【関連記事】
『星へ落ちる』金原ひとみ を読んで
『アッシュベイビー』金原ひとみ を読んで
『ハイドラ』金原ひとみ を読んで。
蛇にピアス [DVD]出演: 吉高由里子, 高良健吾 監督: 蜷川幸雄蛇にピアス
出演: 吉高由里子
監督: 蜷川幸雄


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

星へ落ちる 金原 ひとみ  :クロルデンのおすすめ小説  2010-02-12
Excerpt: 一つの恋愛と三人の孤独―― 元彼の部屋を出て、「彼」と付き合い始めた「私」。「彼」が女と浮気をしていると知り、自殺を考える「僕」。突然去った「彼女」を待ち続ける「俺」。愛するほど孤独になる、三人の絶..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。