2009-02-21

『リレキショ』中村航 を読んで

リレキショ (河出文庫)中村 航リレキショ
(河出文庫)
中村 航


souiunogaii評価 

内容紹介
全選考委員絶賛の第39回文藝賞受賞作

僕は“姉さん”に拾われて、“半沢良”になった――
深夜のガソリンスタンドに届いた一通のフシギな招待状=ラブレターがもたらす、
ひそやかな世界の変化。
『目印になる木を探して。祈るような気持ちで』

中村航の始まりの3部作1stの『リレキショ』を読みました。
あぁ、中村航ワールドは、確かにここから広がっていったんだ、
なんて感じながら、とても気持ちよく読みました。

ありふれた日常の何でもないようなことにも、一つひとつにはやっぱり物語が隠されていて、そういう大切なものを、丁寧に丁寧に選び抜かれた言葉を使って描くことで、
世界をキラキラと輝かせて見せてくれる。
そんな不思議なパワーを持った素敵な文章を生み出してくれる、中村航という作家の魅力を感じる。
だから私は、中村航作品が大好きだ。

主人公は「僕」(半沢良)。
彼がガソリンスタンドの深夜アルバイトを始めるところから、物語はスタートする。
僕は「姉さん」と二人暮らし。
そこに時々遊びにやってくるのは、姉さんの友人の「山崎さん」。
僕に仕事を教えてくれるのガソリンスタンドの先輩は「加藤さん」。
そして、僕の働く姿を遠くから双眼鏡で見ている、受験生の「ウルシバラ」。

そんな、僕とその周りの人たちと展開されていく物語には、それぞれに別々の時間が流れていて、僕の世界に対する見方は、ちょっとずつ変化していく。

物語のスタートとゴールは、あえて余分な説明が省かれていて、
この後はどうなるんだろう、ここに至るまではどういう流れがあったんだろう、
みたいな感じがあって、はっきり書かれていないけれど、そこにはきっとこんな物語がつづいている、っていうのがきちんと伝わってくる。
それは期待と好奇心に満ちあふれ、あらゆる可能性を秘めた生命体のように思えた。またそれは、ひとつの小宇宙のように完結していた。そんな紙だった。
――大切なのは意志と勇気。それさえあれば大抵のことは上手くいくのよ。
そう言って励まされ、そして書いた僕のリレキショだった。

僕はその紙を丁寧に三つに折り曲げ、地球儀がデザインされた封筒に入れた。そして、かもめのシールで封をした。
何かを託すような気持ちだった。

中村航公式サイト

【関連記事】
『夏休み』中村航 を読んで
『絶対、最強の恋のうた』中村航 を読んで
『僕の好きな人が、よく眠れますように』中村航 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★『リレキショ』(※アルバイト)  :本うらら  2009-02-24
Excerpt: ★『リレキショ』(※リレキショ、ガソスタ、手紙、彼女、カゾク、偽名、青春)著者名:中村航 出版社:河出書房新社  ハード&文庫 第39回文芸賞受賞作 出版年:2005.10 ISBN :430940..

リレキショ 中村航 河出書房新社  :おいしい本箱Diary  2009-02-25
Excerpt: 誰でも一度は「自分じゃなくなってみたい」と 思うことがあると思う。今の自分をリセットしてみたい。 人生も、人間関係もなにもかも・・。 この物語は、そういう意味での一つのファンタジー。

「リレキショ」 中村 航  :今日何読んだ?どうだった??  2009-03-15
Excerpt: リレキショposted with 簡単リンクくん at 2005. 8.10中村 航著河出書房新社 (2002.12)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

リレキショ/中村 航 [Book]  :miyukichin’mu*me*mo*  2010-03-16
Excerpt:  中村 航:著 『リレキショ』  リレキショ河出書房新社このアイテムの詳細を見る  中村さんを初めて読んだのは、  『I LOVE YOU』 というアンソロジー(競作集)に収載されていた  「突き抜..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。