2009-02-04

『面白い!と思わせる説明の技術』飯田英明 を読んで

面白い!と思わせる説明の技術 (日本経済新聞社)飯田 英明面白い!と思わせる説明の技術
(日本経済新聞社)
飯田英明



souiunogaii評価 星3つ

内容紹介
つまらない話は聞かれない。退屈な文書は読まれない。
すべてのビジネスに共通する重要能力「説明の技術」とは何か――。
相手の興味を引きつけ、伝えたい情報を確実に届け理解されるノウハウを事例満載で説く決定版。
もくじ
第1章 「伝える」ためには何が必要か
第2章 誰に対してなぜ説明するのか
第3章 説明に必要な材料の集め方
第4章 どんな順番で説明するか
第5章 取り上げる情報、取り上げない情報
第6章 では、まず資料を作ってみる
第7章 ビジュアル表現の6つのルール
第8章 プレゼン資料作成の実際
第9章 わかりやすい表現
第10章 話すための最低限のマナーは守ろう

プレゼンなんてカッコつけた言い方のものじゃなくたって、
人前で何かを発表したり説明したりする機会は、どんな業種職種にも必要なものだろう。
本書は、良いプレゼンのための方法論を、実践的に分りやすく解説したものだ。
主に、耳に訴える力と目に訴える力、この2つにポイントを置いて、
でも最終的には脳に訴える力にまで辿り着くことを目標にしている。

具体的な失敗例を題材に使って、どういう説明のしかたがNGで、
どういう説明がGOODなのかを、本当に明解に語ってくれている。
(説明術について書いた本なのだから、説明が読みやすいのは当然なのだが)

話の組み立て方、つなげ方などの話は、
あぁ、そうか。と思う点がたくさん見つけられたし、
資料(PowerPoint)の上手な作り方の話も、実際に役立てられそうなものがたくさんあった。

最後の第10章は、特に印象に残った。
1 資料を説明するのではなく、説明のために資料を使う
2 説明の主体は資料ではなく説明する人
3 話術巧みでなくても、メッセージは伝わる
4 話の「間」を大切にする

面白い!と思うかどうかはともかく、分ってもらう・納得してもらうように説明できる技術の大切さを感じる場面は毎日の仕事のいたるところにある。

こういう本をもっと早くに読んでいれば、という後悔をしても何も生まれないので、
大切だと思うところは何回も読み返して、そして実践していきたい。

【関連記事】
プレゼンの準備・練習のために、特に読んでおくべきと感じた4つの記事プラス1はてなブックマーク


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。