2009-01-26

プレゼンの準備・練習のために、特に読んでおくべきと感じた4つの記事プラス1

プレゼンハック
近々、仕事で大勢の人の前で発表する機会があるので、
自分用メモに、特に「あぁ、これ読んでおくといいな」って感じた記事をまとめておきます。

プレゼンハック 〜プレゼン改善のための10個の小技〜:IDEA*IDEAはてなブックマーク
百式流プレゼンハック。PowerPointの小技から、話し方まで。

惰翻 - プレゼンをイカす10のtips:404 Blog Not Foundはてなブックマーク
海外記事(10 Tips for a Killer Presentation)を小飼弾さんが訳したもの。

プレゼンテクニックまとめのまとめ+スギヤマメソッド:クライングドーベルマンはてなブックマーク
"まとめのまとめ"なので、知っておくべきことが一通り網羅されている。
そこから生み出された"スギヤマメソッド"は完成度が高い。

卒研発表を経験して気づいた、研究姿勢・プレゼン・質疑応答のコツまとめ:ミームの死骸を待ちながらはてなブックマーク
言い換え、練習、質問の対処の仕方など、大学の卒研発表用の話でも、結構ビジネスシーンに通じるものもある。


【追記】
さらにプラス1で、読んでおくべきと感じた記事。

私が考えるプレゼンを良いものにする「6つの誓い」:中小企業診断士 和田伸午のおもしろビジネス放談はてなブックマーク


あと、会社の新人研修の「プレゼン実施のポイント」で学んだことを、資料を見返しながらまとめておく。
はじめに
あいさつ、お礼、終了時間の確認
話し方の基本
自分の言葉で、"ゆっくり・はっきり"、スピードにメリハリ、声の大きさ
焦らない、慌てない
沈黙・間違い・やり直しを恐れない
振る舞い
聞き手を見る(スクリーン、手元資料を見ながら話すのは×)、立ち位置
目線、手振り(ゆっくり大きく)、歩く、表情
質問と発問
復唱と回答後の確認、全員に発問、指名発問、リレー発問
おわりに
結論をもう一度、お礼

プロフェッショナルプレゼン。 相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。小沢 正光プロフェッショナルプレゼン。
相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。
(インプレスジャパン)
小沢 正光



この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。