2009-01-24

映画「ブラインドネス」の原作『白の闇』ジョゼ・サラマーゴ を読んで

白の闇 (新装版)ジョゼ・サラマーゴ(著), 雨沢泰(訳)白の闇 (新装版)
(NHK出版)
ジョゼ・サラマーゴ(著), 雨沢泰(訳)


souiunogaii評価 ハート5つ

感動しました。
とにかく読んで!この圧倒的な世界観を感じて欲しい。

内容紹介
1998年ノーベル文学賞受賞サラマーゴの最高傑作
わたしたちすべての目が見えなくなったら?

視界がまっ白になる病気。原因不明のまま、伝染病のように感染は広がってゆく。
政府はかつての精神病院を収容所にして、患者の隔離をはじめる。
そこでは、秩序が崩壊し、人間の本性がむきだしになってゆく。
阿鼻叫喚の世界。
やがて国中が目の見えなくなる病気に侵されて……。
圧倒的な空想力で描かれる現代の寓話。

2008年に映画「ブラインドネス」(フェルナンド・メイレレス監督)が公開されましたが、その原作小説が、この『白の闇』です。

物語を生み出したジョゼ・サラマーゴはポルトガルの作家で、この『白の闇』の成功がきっかけとなり、1998年ノーベル文学賞を受賞しています。
授章理由は「想像力、あわれみ、アイロニーに支えられた寓話によって、われわれがとらえにくい現実を描いた」です。

映画「ブランドネス」
映画「ブラインドネス」公式サイト

物語は、映画の予告編を観てもらえば分るように、原因不明の伝染病によって、すべての人が失明してしまう、というものです。

350ページ以上もある、大作です。
登場人物たちは名前を一切持たず、また会話文と地の文とを区別しない独特の文体、論理的かつ情緒的な描写、それらは私が今までにまったく読んだことのないスタイルで、
もうとにかく「すごい」と思うばかりでした。

読みながら、世界とは何か、生きるとは何か、人間とは、文明とは、心とは、と様々なことを深く深く考えさせられました。
しかし、同時に「早く先を読みたい、もっと」と感じさせるストーリーの強さもあります。

"人間"というものが持っている、最も汚い、醜い部分と、最も美しく、尊い部分を、これほどまでに印象的に描いた作品を、私は他に知りません。

こんな素晴らしい作品に出会えたこの事実に、とても感謝せずにはいられません。

とにかく、読んでください。
大げさかもしれませんが、この物語を知らずにいることは、何か大きな損失である気がしてなりません。

フェルナンド・メイレレスが見た白の闇:excite.ism
Blindness (Harvest Book)Jose Saramago (著), Giovanni Pontiero(訳)Blindness
(Harvest Book)
Jose Saramago (著), Giovanni Pontiero(訳)



この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

瞳に映るは、世界の終り―「白の闇」  :豆酢館  2009-01-25
Excerpt: 「シティ・オブ・ゴッド」(2002年)、「ナイロビの蜂」(2005年)で知られるブラジル出身の気鋭フェルナンド・メイレレス監督の手によって、このたび映像化された文学作品がある。1998年度ノーベル文学..

白の闇〜『ブラインドネス』  :真紅のthinkingdays  2009-01-25
Excerpt:  BLINDNESS  点滅する信号機、クラクション。渋滞する交差点で、一人のドライバーが声を 上げる。「見えない」 彼の視界には白い光が...

『白の闇』ジョゼ・サラマーゴ  :キリキリソテーにうってつけの日  2009-01-29
Excerpt: Jose Saramago Ensaio sobre a Cegueira ,1995. ジョゼ・サラマーゴ:雨沢泰訳『白の闇』NHK出版、2001=2008年。 rate..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。