2009-01-17

本の虫、太田光がおススメ本を紹介。爆笑問題・太田光の『太田チョイス』:王様のブランチ(TBS)

「王様のブランチ」のbookコーナーで、爆笑問題の太田光がおススメ本を紹介する、「太田チョイス」をやっていたので、その5冊を太田コメントと一緒に。

春琴抄 (新潮文庫)谷崎潤一郎『春琴抄』(新潮文庫)谷崎潤一郎
「世界の文学の中でも上位。谷崎潤一郎作品では1番」
「谷崎潤一郎は美しいものが好きで、その谷崎の理想を描いた作品」
「純文学は教科書に載ってるイメージかもしれないけれど、作品が発表された
当時も今も大衆の文学であって、漫画のように気軽に楽しめる!」

『赤毛のアン』(西村書店)モンゴメリ(著), 西田佳子(訳), フェルナンデス・ジェイコブソン(絵)『赤毛のアン』(西村書店)モンゴメリ(著), 西田佳子(訳), フェルナンデス・ジェイコブソン(絵)
「想像しだすと止まらない、話しだすと止まらない、そんなアンの気持ちが僕はすごくよく分かる!」
「想像力って本当に素晴らしいものなんだ!」と『赤毛のアン』を片手に持ったまま太田さんは熱弁。
「大学生の時に何気なく手に取り、読んだ。これは僕の人生の書です。」

『雪』(藤原書店)オルハン・パムク『雪』(藤原書店)オルハン・パムク
「ざっくり言うとトルコを舞台にした恋愛小説」
「小難しい印象を受けるかもしれないけど、恋愛を織り交ぜて書いてあるので大丈夫」

『ウォッチメイカー』(文藝春秋)ジェフリー・ディーバー『ウォッチメイカー』(文藝春秋)ジェフリー・ディーバー
“松田チョイス”で紹介された本はたいてい購入している太田さんの、2008年のBEST OF“松田チョイス”。
「これはね、参った!」

『だから言わんこっちゃない―崖っぷち会社信徒逆襲の手引き』(小学館)爆笑問題『だから言わんこっちゃない―崖っぷち会社信徒逆襲の手引き』(小学館)爆笑問題
「(傑作と一緒に)こんな本紹介したくない!」


王様のブランチ/Book (2009/1/17):TBS

【関連記事】
爆笑問題の太田光がおススメ本を紹介。『太田光が選ぶ松田チョイスBEST3』:王様のブランチ(TBS)
『盲目物語・春琴抄』谷崎潤一郎 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『 わたしの名は「紅」』 オルハン パムク (著)  :Anonymous-source  2009-03-21
Excerpt: 十六世紀末のイスタンブル  舞台は1591年の冬、オスマン・トルコ帝国の都イスタンブルでの雪の九日間の 出来事である。帝国は十六世紀前半に政治的にも、経済的にも、文化的にも最高 の円熟期に達したあとで..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。