2009-01-17

『世界初!マグロ完全養殖』林宏樹 を読んで

世界初!マグロ完全養殖(DOJIN選書)波乱に富んだ32年の軌跡林宏樹世界初!マグロ完全養殖
波乱に富んだ32年の軌跡
(DOJIN選書)
林 宏樹


souiunogaii評価 ハート4つ

本が好き!より献本頂きました。
内容紹介
2002年6月,近畿大学水産研究所において,世界ではじめてクロマグロの完全養殖が達成された.いまだその生態も十分解明されておらず,完全養殖は夢のまた夢と考えられていた中での快挙だった.研究が始まった1970年からの32年に及ぶ道筋は,決して平坦ではなかった.だれも答えを知らない問題にぶつかり,立ちはだかる壁を一つずつ乗り越え達成した偉業.熊井英水を中心に実現させた挑戦の日々を描き出す.

こういう、プロジェクトX的なノンフィクション本、私はかなり好きです。
自然界の資源にまったく手をつけずに、完全な養殖クロマグロの生産に、まさに人生をかけて挑戦した男たちの物語です。
感動しました。
もくじ
挑戦のはじまり〜まえがきにかえて
第1章 クロマグロは養殖に向いた魚か
第2章 魚飼いの精神―近畿大学水産研究所
第3章 ヨコワ捕獲作戦
第4章 はじめての産卵から長い道程
第5章 32年目の偉業
第6章 完全養殖のめざすもの
終章 完全養殖を支えたもの
あとがき

最近、漁獲量が制限されたりして、何かと話題になっているマグロです。
日本人も大好きなマグロが、輸入できなくなる日がいつか来るかもしれない。
そんな事実を、なんと40年近くも前から予期し、その日のために戦いつづけてきた人たちがいたことを、恥ずかしながら私は本書を読むまで知りませんでした。

近畿大学水産研究所。
わずかな研究費と、粗末な設備と、少ない人員からスタートしたこの研究所が、世界初の偉業を達成するまでの、苦難と試行錯誤の積み重ねの日々を、
この研究の中心にいたメンバーにスポットをあてて描いた、
素晴らしい感動の物語です。

所長としてリーダーを務めた熊井英水さんをはじめとして、この計画に関わった人たちの"マグロ"に対する熱い思い、情熱みたいなものが非常に丁寧に書かれています。
「生き物というのは、そういうものですよ。簡単にいくはずがない。気を長くもって、長い目でやってください」
熊井はこの言葉を聞いて目が覚めたような気がした。原田の突然の死によって、研究所の所長に任命され、自分自身あせりがあったのかもしれない。すっと気が楽になり、またやってやろうという気力が湧いてきた。そして、熊井は初代総長の世耕弘一の言葉を思い出していた。
「不可能を可能にするのが研究だろ」

近畿大学のマグロ養殖の研究は、文部科学省の21世紀COEプログラムとそれに続くグローバルCOEプログラムに採択されている。
完全養殖を達成した後も、最終目標である、天然資源の保護に向けて研究は続いている。

近畿大学グローバルCOEプログラム
クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点|近畿大学グローバルCOEプログラム

amarinekindai.jpg
株式会社アーマリン近大


【追記】
2/2のカンブリア宮殿(テレ東)のゲストで、本書の主役である熊井英水さんが出演していた。

「マグロをつくれ!これが新時代の水産業だ!」:カンブリア宮殿(2009/2/2 テレ東)


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

世界初!マグロ完全養殖  :本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]  2009-01-17
Excerpt:  鮨屋の人気メニューとして第一に頭に浮かぶのは、なんといっても「トロ」すなわちマグロである。日本人は、本当にマグロ好きの民族である。それでなくても高級魚なので、なかなか庶民の口には入らないのだが、近年..

D1u7FY27[6604404409305808306A041044  :近畿大学  2009-01-23
Excerpt: 皆さん結構ブログやってんですね。話題も豊富でみんないろいろのことが気になってる...

D1u7FY27[6606BA205908B18N8B  :近畿大学  2009-01-27
Excerpt: 今日は最近の個人的に話題の近畿大学について語ります。私の周りでは近畿大学について...

D1u7FY27[66  :近畿大学  2009-01-27
Excerpt: 先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど近畿大学についてたくさんの資料...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。