2009-01-11

『嫌いな人がいなくなる!』アンディ中村 を読んで

嫌いな人がいなくなる! (同文舘出版)アンディ中村嫌いな人がいなくなる!
人間関係を変える"お笑い"コミュニケーション術
(同文舘出版)
アンディ中村


souiunogaii評価 ハート2つ

本が好き!より献本頂きました。
もくじ
1章 苦手な人に「見せる」手のしぐさ
2章 苦手な人に「見せる」顔と体のしぐさ
3章 苦手な人の話を聴く 基礎編 劇的に会話が変わるテクニック1
4章 苦手な人の話を聴く 応用編 劇的に会話が変わるテクニック2
5章 苦手な人の心をつかむ! 話し方 劇的に会話が変わるテクニック3
6章 苦手な人を動かす! 話し方 劇的に会話が変わるテクニック4
7章 「苦手な人」の気持ちを知れば、百選して殆うからず

本書の一番最後のページにある、次の言葉に私は胸を打たれました。
目線が違うと、見える物が違う
見える物が違うと、考えることが違う
考えることが違うと、起こす行動が違う
起こす行動が違うと、結果が変わる

一歩一歩、少しずつ少しずつ前へ進み続けることによって、苦手な人があなたを見る目が、きっと変わってくるでしょう。
苦手な人があなたを見る目が変われば、あなたに対する印象が変わってきます。
印象が変わってくれば、あなたに対する言動が変わります。
言動が変われば、苦手な人とあなたのつき合い方も、今までとはまったく違うものになるでしょう。

サラリーマンに限らず、社会で働いていく中では、様々なタイプの人と上手につき合っていかなければいけないわけで。
そうすると、当然「こいつとは合わないな」と思う人とも、どうにかして上手くやっていかざるをえない…。

しかし、これが実に難しい。
だって、ほとんどの場合において、自分がある人物のことを「嫌だな」と感じているときは、そのことが会話の中で、言葉や表情、手や体のしぐさに無意識のうちに現れてしまうから。
そうすると、相手のほうも、やっぱり自分に対しては良い印象を持たず、結果として、同じように自分のことを「嫌だな」と感じさせてしまうから。

本書『嫌いな人がいなくなる!』で提案されている方法は、そんなマイナスな相互作用を断ち切ること、
つまり、自分自身の相手に対する接し方を変えることで、相手側の自分に対するイメージを良くしていき、プラスの相互作用を生み出そうというもの。

そのための具体的なコミュニケーション術として、手や体のしぐさ、表情、聴き方、話し方を、一つひとつ分かりやすく説明してくれている。

著者自身が、サラリーマン生活の中で実践してきたノウハウなので、たいへん説得力のあるものばかりだ。
使えそうだな、なるほど、と思うものはいくつもあったが、特に私が気に入ったのは、
相づちのパターン化、「あいうえお相づち法」というものだ。

【あ】「あ、なるほど」 相手がノウハウを提供してくれた時
【い】「いいですねぇ」 相手をほめる時
【う】「うーーん、さすがですよね」 昔話や武勇伝に対して
【え】「えっ!」 軽く驚くだけで十分
【お】「おぉぉぉ」 相手の自慢話にたいして

この他にも、面白い方法がたくさん紹介されている。

まず、自分から変わっていけば、相手も自分への接し方を変えてくれる。
そうすれば、嫌いな人なんていなくなる。

そんな風にしていければ、ほんとに素敵なことだと思った。

中村節といわれる独特の文章も、読んでいて面白い。

アンディ中村公式ブログ



この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。