2008-12-20

『ひとり日和』青山七恵 を読んで

ひとり日和 (河出書房新社)青山七恵ひとり日和
(河出書房新社)
青山七恵


souiunogaii評価 ハート4つ

20歳フリーター女性の何でもない平凡な日常を、特別な感性で描いて芥川賞。
内容紹介
20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。
選考委員絶賛の第136回芥川賞受賞作!

主人公は知寿、20歳、フリーター。
彼女は、母親の転勤を機に埼玉から上京。遠い親戚である71歳のおばあさん吟子さんと小さな一軒家で二人暮らしを始める。

前作『窓の灯』『やさしいため息』と同じく、若い女性の淡々とした日常を、一人称わたし目線で、その独特の感性で描いた、これぞ青山七恵スタイルな物語。

舞台は京王線沿線で、知寿がバイトするのは笹塚駅の売店。
都心から適当な距離にある、実に平和そうな町の感じが、物語の雰囲気にぴったりな感じがして、何だかとってもイイ。
知寿と吟子さんが暮らす家も、駅のホームから見下ろせるところにある。
この「駅」っていうのが、物語の中では不思議な存在感を持っていた。

京王線と言えば、私は広末涼子のTVCMのイメージが強くて、それも手伝ってか、実際に行ったことはなくても、その町の光景が眼に浮かんできて、何度も行ったことがあるような気さえしてくるから不思議だ。

YouTube:KEIO TVCM「あたたかい街」篇


バイトをして、恋をして、吟子ばあさんやその周りの人たちと会話して……
そうやって何人かの人たちと関わり合いながら、一年間という時間の中で、知寿は何かしら次へのスタートのためのヒントを見つける。
救いようがない。いつになったら、ひとりじゃなくなるのだろうか。思って、はっとした。わたしはひとりがいやなのか。ひとりがいやだなんて、子どもじみていて恥ずかしいと思っていたのに。

「自分探し」というような恥ずかしさのあるカッコよさがあるものじゃなくて、そこまで立派で大げさなものではないけれど、それでもきっと自分にとってのプラスになるものを得ることができたんだと確かに感じられる。

そういう、はっきりとした言葉にはできないものを、本当に丁寧なメッセージ性のある形で上手く描いているから、青山七恵の文章は素敵なんだと思う。

160ページの物語は、春・夏・秋・冬・春の手間、と章立てされていて、
季節と主人公の心情の移り変わりとをリンクさせた構成も、シンプルだけれどとてもしっかり考えられてる。
「吟子さん。外の世界って、厳しいんだろうね。あたしなんか、すぐ落ちこぼれちゃうんだろうね」
「世界に外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ」
吟子さんは、きっぱりと言った。そんなふうにものを言う吟子さんを、わたしは初めて知った。


[書評]ひとり日和 by斎藤美奈子:asahi.com

【関連記事】
『やさしいため息』青山七恵 を読んで

『窓の灯』青山七恵 を読んで


この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。

僕はこの作品を読んで、少女から青年女性になっていき、ほんとの女とは?と急ぎ背伸びしたような主人公を感じました。最後に不倫というようなことが書いてありましたよね。
僕から見ると「なぜそんなに急ぐの?」と主人公とお話しをしたくなるようでした。
でも、青年期も男より女性の方が早く成熟していくのでしょうか?

いろいろとたくさん本をお読みなのですね!
またお邪魔させていただきます。これからもよろしくお願いします。
Posted by 夕螺 at 2008-12-20
こんにちは。
TBありがとうございました。
すっきりとした見やすいブログですね!

この作品、女性同士の友情がすごくいい感じで
青山七恵さんの年齢を知り、ちょっとびっくり。
なかなかな作家さんですよね。

また遊びにきますね!
Posted by sakura-kanade at 2008-12-22
こんばんは
かなり前に読んだのですが、souiunogaiiさんが指摘されてる効果的な「駅」のことは、覚えています。
あと石原慎太郎都知事が賞賛していたのも印象的、あの都知事が褒めるからには何かありそうと思ったのが読んだ動機でした。
この著者の本はその後読んでいないので、また読んでみたいですね。
Posted by 雪になあれ at 2008-12-24
TBありがとうございました。小生のように独立して生活している未婚の30代後半の娘がおりますとこの主人公よりもしっかりした大人になってくれればいいのにとそんなことを考えてしまいます。
Posted by よっちゃん at 2008-12-26
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

青山七恵著『ひとり日和』(感想)  :夕螺の読書ブログ  2008-12-20
Excerpt: 人は、今を生きる。もちろんこれまで生きてきた時間の蓄積の中に生きるし、残された未来に思いを馳せながら未来に向かって生きる。しかし現実は今という時間である。未来は今という時間に現れ、今という時間は過去と..

青山七恵の「ひとり日和」を読む!  :とんとん・にっき  2008-12-20
Excerpt: 文芸春秋3月号は 2月10日発売、特価780円(本体743円)です。本をお金に換算したくはありませんが、なにしろお買い得です。第136回芥川賞発表の月です。本が売れない2月、8月に掲載する芥川賞、直木..

青山七恵【ひとり日和】  :ぱんどらの本箱  2008-12-22
Excerpt: 単行本ではなく、『文藝春秋』2007年4月号に掲載されたものを読んだ。芥川賞受賞作。 ……うーんそうか。そういうことか。 タイトルから...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。