2008-11-22

『できる人の資格勉強法』佐藤孝幸 を読んで

できる人の資格勉強法 (中経出版)佐藤孝幸できる人の資格勉強法
(中経出版)
佐藤孝幸


souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介(中経出版)
皆と同じことをやっていても差はつかない。常に先を見て、よりよい将来のために準備を進める必要がある。そのひとつが資格を取ること。
本書では、司法試験、米国公認会計士試験に「働きながら」「独学で」「一発合格」した著者が、「受かる」勉強法を伝授。
時間がない人のための「超」効率勉強法や、やる気を上げる方法、受かる人の生活習慣なども教える。「今さらなぜ資格が必要なの?」という疑問や、資格の選び方までアドバイス。
一見エリートの著者も、実は「首を切られるのではないか」という不安から資格取得を目指し、預金が底をついた時期もあったという。そこから生まれた勉強法は、共感できるものばかり。
大ヒット「できる人」シリーズの第4弾!

もくじ
プロローグ 働きながら独学で、私が難関資格に合格するまで
第1章 いま、なぜ資格なのか?
第2章 2年で難関資格「合格」をモノにした勉強法
第3章 無理なく勉強がつづけられる「好循環の法則」
第4章 時間がない人の勉強時間のつくり方
第5章 合格する人が実践している生活習慣とは?
第6章 不思議と「やる気」が復活する方法
第7章 「生き残れる資格」をどう見つけるか?

著者の佐藤孝幸さんの経歴を見て、まず圧倒される。
早稲田大(政経)卒で、外資系銀行に入行、
その後、独学で米国公認会計士(USCPA)試験に合格、アメリカの大手会計事務所に転職、
さらに、アメリカで働きながら独学で日本の司法試験の勉強をして、
帰国後に合格、弁護士になった、というものすごく優秀な方です。

そんな佐藤さんが、これまでに実践してきた資格勉強法を、普通のサラリーマンにも分かる言葉で、丁寧に解説してくれたのが本書です。

本書の中では、資格の勉強をする上での大切なポイントが3つ挙げられています。
それは、
1. 短期間(2年以内)の合格を目指すこと
2. お金をかけずに、独学で勉強すること
3. 時間を効率的に使い、働きながら勉強すること
です。
この3つのポイントを軸に、具体的な勉強法(参考書や問題集の選び方・使い方、勉強の進め方、時間の上手な使い方、など)を、順番にひとつずつ説明してくれています。
それぞれには、佐藤さん自身の経験談も随所におりこまれていて、
なるほど、と納得する話ばかりです。

非常に読みやすく、面白く、なによりためになる本です。

著者プロフィール:佐藤経営法律事務所 弁護士紹介


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。