2008-11-15

『窓の灯』青山七恵 を読んで

窓の灯 (河出書房新社)青山七恵窓の灯
(河出書房新社)
青山七恵


souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
大学を辞め、時に取り残されたような喫茶店で働く私。
向かいの部屋の窓の中を覗くことが日課の私は、やがて夜の街を徘徊するようになり……。
ゆるやかな官能を奏でる第42回文藝賞受賞作。

『ひとり日和』で芥川賞を受賞した青山七恵さんののデビュー作です。

100ページちょっとの、短い小説です。
私はこういう感じの小説、とっても好きです。

主人公の、私(まりも)は、大学を退学して、何となく通っていた喫茶店で、店主のミカド姉さんに誘われて、一緒に働くことになる。店に住みこみで。

店の向かいのアパートに男の人が引っ越してきて、「私」はその部屋の窓を、自分の部屋から覗き見るのを日課にする。

不思議な魅力を持つ、ミカド姉さんのもとには、いろんな男が次々に訪ねてくる。

私と姉さんの関係が、とても面白い。

何を考えているのかさっぱり読めない、それでも周囲の人を引きつけて離さない魅力を持つ、そんなオーラを持つミカド姉さんがいて、
彼女を好きで、でも嫌いで、彼女のことを知りたくて、近づきたくて、でもやっぱり束付けなくて、近づきたくなくて、みたいな私がいる。

そんな微妙な関係を、青山さんのどこまでも澄んでいて美しくて、さわやかなのに、しっとりとしている、そんな感じの文章で描かれている。
息を整えながら、手のひらで胸から下腹までそっと撫で下ろす。皮膚の内側は忌まわしいほどほてっているのに、体の表面はひんやりと冷たかった。
頭の隅がかすかに痛む。
私は痛みをそのままにしておいた。全身でその痛みを感じようとした。

青山七恵の素晴らしい才能を、ひしひしと感じられる。

[気鋭新鋭]青山七恵さん 22(作家):YOMIURI ONLINE 本よみうり堂(2005/12/09)

【追記】
『ひとり日和』青山七恵 を読んで
『やさしいため息』青山七恵 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

青山七恵の「窓の灯」を読む!  :とんとん・にっき  2008-11-16
Excerpt: 第136回芥川賞に青山七恵の「ひとり日和(びより)」が選ばれたというニュースがありました。青山七恵は1983年生まれ、埼玉県熊谷市出身、筑波大学図書館情報専門学群を卒業後、旅行会社に勤務中。23歳11..

『やさしいため息』青山七恵 を読んで  :そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)  2008-11-30
Excerpt: やさしいため息 (河出書房新社) 青山七恵 内容紹介 今日はどんな一日だった? 4年ぶりに再会した弟が綴るのは、嘘と事実が入り交じった私の観察日記。 立ちこめる湯気の中、私は冷たい肌が温まっていくのを..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。