2008-10-28

『ソラニン』浅野いにお を読んで

ソラニン (1) (ヤングサンデーコミックス)浅野いにおソラニン (1)
(ヤングサンデーコミックス)
浅野いにお

ソラニン(2) (ヤングサンデーコミックス)浅野いにおソラニン(2)
(ヤングサンデーコミックス)
浅野いにお


souiunogaii評価 ハート4つ

内容紹介
2005年。新社会人80万人。ニートと呼ばれる人85万人。
限りなく灰色に近い現代を生きる、ボクら、
一体どう生きろっていうんだろう――
各世代より共感集め、大反響です!!!

井上芽衣子。23歳。社会人2年目になって、会社を辞めました。
種田成男。スポーツ新聞でカットを描く仕事(バイト)をしたりしてます。
これは、社会に出てちょうど1年がたった、芽衣子さんと種田の、
小さな恋の物語なんです。

感動した!
ものすごく感動した!

友達にすすめられて、読んだマンガ『ソラニン』。

全2巻の物語には、過去を大切にしながら今を精一杯に生きる芽衣子のリアルな姿が丁寧に描かれていて、
そこには、"夢"や"青春"とか、
ううん、そんな言葉じゃ到底表現しきれない、
とにかく大切なことがたくさん、ぎゅっと詰め込まれていて、
胸を打つような、自然に目が潤んでしまうような、そんな感動があって、
一気に最後まで読んでしまった。

こんな素敵な物語を生み出してくれた、作者の浅野いにおさんに、感謝。

ソラニン:ヤンサンWEB-連載作品紹介



【関連記事】
『大人ドロップ』樋口直哉 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。