2008-07-26

『奥様はネットワーカ』森博嗣 を読んで

奥様はネットワーカ (講談社)森博嗣奥様はネットワーカ
(講談社ノベルス)
森博嗣

souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
事件は「工学部」で起こった!某国立大での連続殺人。
6人の登場人物は全員、秘密を抱えていた!?

某国立大学工学部で多発する暴行傷害事件。化学工学科秘書のスージィこと内野智佳の周辺でも不審な出来事が連続し、友人のルナも被害者となってしまう。事件は連続殺人に発展。それぞれに秘密を抱えた学部内の6人の人物の視点で謎を追うポエティカルな森ミステリィ。

ポエティカルっていうか、うーん詩的表現があちらこちらにあって、ちょっと好き嫌いがはっきり分かれそう(こういう風に書くときは、たいていは「私は嫌いです」という意味がこめられている場合が多い)な作風です。
ストーリーはミステリーとして非常によく作られていると思いますし、犯人は誰かとか、そういった部分では大いに楽しめます。
ただ、うーん、私はちょっとなじめないです。

あと、ところどころに挿入されているイラストも、…、どうなんでしょう。

森博嗣の浮遊工作室


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。