2019-05-19

[感想]『可愛い世の中』山崎ナオコーラ を読んで


4062939096可愛い世の華夏
(講談社文庫)
山崎ナオコーラ

souiunogaii評価


内容紹介
四姉妹の次女である豆子(まめこ)は32歳、芳香剤のメーカーで働いている。見た目も性格も地味な豆子だが、和やかな鯛造(たいぞう)と出会って結婚することになった。結婚式を準備していくなかで、豆子は、自分の金銭感覚が人生の変化とともに、にょきにょき変わっていくことをスリリングに感じ、ある決心をするのだった。


『微炭酸ニッキ』山崎ナオコーラ


yamanao.jpg
山崎ナオコーラさんインタビュー:BOOK SHORTS

山崎ナオコーラさんの作品、少し前にはまっていて何冊も読んでいた時期があった。
なんていうか、日常の会話では絶対使わない、詩のような表現を、すっと日常の言葉にしてしまう、その微妙な違和感が読んでいて微妙にくすぐったい感じが心地よくて癖になってしった。

ゴボウって素晴らしい。豆子はもう一度、この汚らしい野菜を賞嘆する。ゴボウのおかげで、マリッジブルーが、少しだけ薄らいできた。
「ゴボウのアロマってないのかなあ」
豆子はひとりごちた。


「『経済力』という名の香水があったら、それをふりかけたい」
豆子はひとりごちた。



本書の巻末の著者紹介のところには、山崎ナオコーラさんの「目標」というのが書いてある。
目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。グーテンベルク以来の出版業界の激変の中で、書店文化をどう残していくか、日々考えている。


ああ、こういう感じ、山崎ナオコーラっぽいなぁ、と。

可愛い世の中(山崎 ナオコーラ):書評「可愛いってちっぽけ?」:本のブログ ほん☆たす



2019-05-05

[読書メモ]『日本の10大新宗教』島田裕巳 を読んで


4344980603日本の10大新宗教
(幻冬舎新書)
島田裕巳

souiunogaii評価


なんとなく、図書館でふと目に留まって読んでみた。
著者の島田さんのホームページ、写真や色づかいが、なんとなく「ソレ」系で、・・・、と。

shimadahiromi.jpg
 『島田裕巳』公式ホームページ


なるほどなぁ、と思ったのは、「はじめに」の部分で書かれていた、日本人の「無宗教」感についての一節。
日本人が自分たちのことを「無宗教」と考えるのも、イスラム教徒と同様に、生まれたときから日本の既成宗教の信者になってしまうからである。日本の場合には、既成宗教が、神道と仏教という二つの宗教が組み合わさった特殊な形態をとっているために、自分たちを神道の信者と決めることもできないし、仏教の信者と決めることもできない。そこから、特定の宗教に属していないという意識が生み出される。
(中略)
明治に入って近代化されるまで、日本には、「宗教」という概念がなかった。
(中略)
明治に入って、宗教という概念が欧米から導入され、神道と仏教とが二つの宗教に分離されたにもかかわらず、日本人は、片方の宗教を選択できなかったため、自分たちを無宗教と考えるようになった。




内容紹介
多くの日本人は新宗教をずっと脅威と好奇の眼差しで見てきた。しかし、そもそも新宗教とはいかなる存在なのか。「宗教」の概念が初めてできた明治以後それがいつどう成立したか案外、知られていない。超巨大組織・創価学会に次ぐ教団はどこか、新宗教は高校野球をどう利用してきたか、などの疑問に答えつつ、代表的教団の教祖誕生から死と組織分裂、社会問題化した事件と弾圧までの物語をひもときながら、日本人の精神と宗教観を浮かび上がらせた画期的な書。

もくじ
はじめに
1 天理教
2 大本
3 成長の家
4 天照皇大神宮教と璽宇
5 立正佼成会と霊友会
6 創価学会
7 世界救世教、神慈秀明会と真光系教団
8 PL教団
9 真如苑
10 GLA(ジー・エル・エー総合本部)
おわりに
2019-05-05

[読書メモ]社会人10年目超になって読み直してみてもハッとする点がいくつも『入社1年目の教科書』岩瀬大輔 を読んで


4478015422入社1年目の教科書
(ダイヤモンド社)
岩瀬大輔

souiunogaii評価


2011年に出版されたこの本、当時社会人4年目くらいだったころに購入して読んで、「なるほど」と思う点がたくさんあった記憶がある。
あれから8年たって、もう一度いま読み直してみると、
ああ、あのとき読んで実践し続けてきて本当にためになった、という部分もあれば、
ついつい面倒になって忘れてしまっていたな、という部分もあり、
やはり繰り返し読み返したくなる本だな、と。

著者の岩瀬大輔さんも、出版当時はライフネット生命の副社長だったのに、いまは会長になられてるんですね。

・東大法学部在学中に司法試験に合格
・卒業後はボストン・コンサルティング
・留学してハーバード経営大学院(HBS)で、成績上位5%で表彰
・帰国してライフネット生命を設立
と、漫画みたいな立派な経歴、あらためてすごいなあ、と。

もくじ
はじめに 仕事において大切な3つの原則
原則1 頼まれたことは、必ずやりきる
原則2 50点で構わないから早く出せ
原則3 つまらない仕事はない

01 何があっても遅刻はするな
02 メールは24時間以内に返信せよ
03 「何のために」で世界が変わる
04 単純作業こそ「仕組み化」「ゲーム化」
05 カバン持ちはチャンスの宝庫
06 仕事の効率は「最後の5分」で決まる
07 予習・本番・復習は3対3対3
08 質問はメモを見せながら
09 仕事は復習がすべて
10 頼まれなくても議事録を書け
11 会議では新人でも必ず発言せよ
12 アポ取りから始めよ
13 朝のあいさつはハキハキと
14 「早く帰ります」宣言する
15 仕事は根回し
コラム1 会社選びの3つの基準
16 仕事は盗んで、真似るもの
17 情報は原典に当たれ
18 仕事は総力戦
19 コミュニケーションは、メール「and」電話
20 本を速読するな
21 ファイリングしない。ブクマもしない
22 まずは英語を「読める」ようになれ
23 目の前だけでなく、全体像を見て、つなげよ
24 世界史ではなく、塩の歴史を勉強せよ
25 社会人の勉強は、アウトプットがゴール
26 脳に負荷をかけよ
27 自分にとって都合のいい先生を探せ
28 ペースメーカーとして、資格試験を申し込む
29 新聞は2紙以上、紙で読め
コラム2 70歳になっても勉強し続ける意味
30 仕事に関係ない人とランチせよ
31 スーツは「フィット感」で選べ
32 「あえて言わせてください」で意見を言え
33 敬語は外国語のつもりで覚えよ
34 相手との距離感を誤るな
35 目上の人を尊敬せよ
36 感動は、ためらわずに伝える
37 上司にも心を込めてフィードバックせよ
38 ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ
39 叱られたら意味を見出せ
40 幹事とは、特権を得ること
41 宴会芸は死ぬ気でやれ
42 休息を取ることも「仕事」だ
43 ビジネスマンはアスリート
コラム3 キャリアアップは人磨き
44 苦手な人には「惚れ力」を発揮
45 ペース配分を把握せよ
46 同期とはつき合うな
47 悩みは関係ない人に相談
48 社内の人と飲みに行くな
49 何はともあれ貯蓄せよ
50 小さな出費は年額に換算してみる
コラム4 チャンスをつかめる人になれ
おわりに 社会人の「勝負どころ」は最初の瞬間


iwasedaisuke.jpg
 生命保険立ち上げ日誌 〜 ライフネット生命  会長 岩瀬大輔
2019-05-01

[感想]愚か者の得意なフットワーク♪『年下のセンセイ』中村航 を読んで


4344427238年下のセンセイ
(幻冬舎文庫)
中村航

souiunogaii評価


内容紹介
思えば思うほど、なぜこんなにも遠く感じるのだろう。

予備校に勤める28歳の本山みのり。たまの休みの楽しみは、気のおけない友達と美味しいお酒を呑むこと。恋は3年していない。そんな時、後輩に誘われ通い始めた生け花教室で、助手を務める8歳下の滝川透と出会う。少しずつ距離を縮めていく二人だったが、神学のため透が地元を離れることになり……。
恋に仕事に臆病な大人たちの、切ない恋愛小説。



ずいぶん久しぶりに読んだ、中村航さんの恋愛小説。

良かった。

中村航さんは、男女が付き合い始めるまでの時間の描き方が本当に素敵だな、と。

主人公の「みのり」目線で描いている部分と、「透」目線で描かれる部分とが交互に重なりながら、
年の差のある二人の気持ちを丁寧に読ませてくれた。

そして、言葉の端々に、中村航ワールドを感じさせる表現が出てきて、それがまた楽しい。

時速二百八十五キロで進むのぞみ号は近づいていく。あの日、ぐんぐん小さくなっていったホームに、近づいていく。


愚か者の得意なフットワーク♪ と、本山さんは聞いたことのない、ゴキゲンなメロディで歌った。




 中村航オフィシャルサイト

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。