2010-05-31

2010年5月の当ブログのアクセス状況


5月に読んだ本は、6冊と少なめ。
それでは5月の月間アクセス報告です。

2010年5月のアクセス状況
・セッション数:1,930(前月比+665)[1日平均62.26]
・ページビュー数:2,655(前月比+771)
・ユニークユーザー数:1,610(前月比+547)

記事タイトル別のアクセス順位TOP8は以下の通り。
1位 情熱大陸で爆笑問題・太田光が紹介したおススメ本13冊 はてなブックマーク
2位 Macにしかできない事、Windowsでしかできない事 で、結局どうなの? はてなブックマーク
3位 情報処理試験(基本情報、応用情報、高度)の人気エントリーまとめ はてなブックマーク
4位 本の虫、太田光がおススメ本を紹介。爆笑問題・太田光の『太田チョイス』:王様のブランチ(TBS) はてなブックマーク
5位 情報セキュリティスペシャリスト試験を受けてきた
6位 YUKIの本まとめ (確かに > YUKIかわいすぎだろ)
7位 爆笑問題の太田光がおススメ本を紹介。『太田光が選ぶ松田チョイスBEST3』:王様のブランチ(TBS)
8位 新しいパソコンを買ったら最初にやる設定変更やインストールするソフト


そして2010年5月に私が読んだ本の満足度ランキングです。
1位 『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ を読んで
人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな(河出文庫)山崎ナオコーラ

2位 『6TEEN シックスティーン』石田衣良 を読んで
6TEEN6TEEN(シックスティーン)(新潮社)石田衣良

3位 『論理と感性は相反しない』山崎ナオコーラ を読んで
論理と感性は相反しない論理と感性は相反しない(講談社)山崎ナオコーラ

4位 『告白』湊かなえ を読んで
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白(双葉文庫)湊かなえ


また、今月もAmazon.co.jpを通して、当ブログで紹介した本を購入していただくことができました。ありがとうございます。
これからも当ブログをよろしくお願いします。




2010-05-30

『告白』湊かなえ を読んで


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白
(双葉文庫)
湊かなえ


souiunogaii評価 

内容紹介
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。
衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!
<特別収録>中島哲也監督インタビュー

もくじ
第1章 聖職者
第2章 殉教者
第3章 慈愛者
第4章 求道者
第5章 信奉者
第6章 伝道者



話題作だし、文庫化されたし、映画化もされるし、ってことでやっと読んでみました。
湊かなえさんは以前、『少女』を読んで、ミステリー作品としての面白さやラストの衝撃のすごさで気になっていた作家さんなのですが、
この『告白』については、感想を書くのがとても難しい。

単純に「面白かった」と言うのにはとても勇気がいる作品だと思う。

これは羽田圭介の『黒冷水』を読んだ時の感覚によく似ている。
『黒冷水』羽田圭介 を読んで

とにかく、人間のエゴというか、登場人物の誰もがみな自分のことしか考えられなくなっていて、一体なにが正義で何が悪なのかも分からなくなりそうな恐怖があった。

たしかに、『告白』のストーリーには救いは存在しない。4歳の幼女殺害の犯人は中学生、彼らに復讐するのは担任である教師。それぞれの「告白」は、どれも独善的で不条理だ。読むのがいたたまれなくなる人もいるだろう。
それゆえに、『告白』が起こした波紋は尋常ではなかった。特にラストへの反応は様々だった。
「近来まれにみる傑作」「大切な人を失ったら、私も同じことをする」と評価・共感する読者が大勢いる一方で、「これまで読んだ中で最悪の読後感」と、賛否両論が今もなお吹き荒れている。
『ダ・ヴィンチ』5月号より

確かに、賛否両論があるのは当然のことだし、ところどころに「中学生でそれはあり得ないだろ」とか「この展開は都合よすぎるだろ」と感じられる部分もあるし、
ミステリー作品としての完成度から言えば、『少女』の方が高いと思う。

しかし、そういういろんなことを抜きにして、この『告白』という物語には、言葉では表せない不思議な魅力がある気がする。
実際、私は本書を手にして、終わりまで一気に読んでしまった。
これほど短時間で一冊の小説を読んだことは今までにない。
読者に次のページを読まずにはいられなくする、そういうすごい力がこの作品にはある。それは間違いない。

面白い!と語るには非常に勇気がいる作品だけれども、それでもやっぱり面白いと言わずにいられない。

巻末の中島監督の次の言葉がとても印象的だった。
本作は全編モノローグで構成されていますから、一見、全員が自分の真情を吐露しているように見えます。しかし、彼らが真実を話している保証なんかどこにもない。そのあたり、湊さんは決定的なことをまったく書いていないんです。

これを読んで思わずハッとした。そうか、結局はそういうことかと。
とにかく、いろいろな意味で、作者・湊かなえの挑戦は大成功だったのだと思う。

私は松たか子も中島監督も好きなので、映画の方も楽しみだ。

映画「告白」
映画「告白」公式サイト

B0046ZSS2C告白 【DVD】
松たか子

souiunogaii評価



【関連記事】
『少女』湊かなえ を読んで

2010-05-30

『6TEEN シックスティーン』石田衣良 を読んで


6TEEN6TEEN シックスティーン
(新潮社)
石田衣良


souiunogaii評価 


内容紹介
腕の中の彼女のすべてを、受け止められると信じていた。
16歳――「永遠」の切なさを知る季節。

ダイ、ナオト、ジュン、テツロー――
あのベストセラー『4TEEN』(直木賞受賞)の少年たちが帰ってくる!
ぎこちない恋、初めての裏切り、仲間の死、少しだけリアルに感じられ始めた未来の自分……。
東京・月島を舞台に、16歳にしか訪れない一瞬の輝きを鮮やかに切り取った青春小説。
もくじ
おばけ長屋のばばあ / クラインの妖精 / ユウナの憂欝 / 携帯小説家に出会ったら / メトロガール / ウォーク・イン・ザ・プール / 秋の日のベンチ / 黒髪の魔女 / スイート・セクシー・シックスティーン / 16歳の別れ


『4TEEN フォーティーン』の続編です。
主人公の少年4人は16歳になっって、それぞれ別々の高校に通う1年生。
4人の成長を、1年間の季節の変化に乗せて描く、ザ・青春な物語だ。

中学生から高校生になって、少しだけ考え方が大人に近づき、自分の将来を意識し始めた彼らの成長ぶりが見られるのが、とっても面白い。

こいつらも大人になったな、と思う場面もあれば、逆に、こいつら全然変わらないな、と感じられる場面もあって、
いつまでたっても、バカな冗談を言い合いながら、しっかりと信頼と友情でつながっていられる仲間がいるって、とっても素敵なことだな、とこの4人をすごく羨ましく思ったりもする。

1つひとつの物語では、16歳ってことで女の子を女性として意識し始めた4人の心情が丁寧にリアルに描かれていて、
ああ、高校生の頃ってこうだったよな、なんて懐かしく思いながら読むことができて楽しかった。

ぼくたち四人と四台の自転車は、水音を背にして堤防のうえを軽やかに走りだした。対岸の街明かりが隅田川の水面で揺れている。



【関連記事】
『4TEEN フォーティーン』石田衣良 を読んで

4TEEN (新潮文庫)4TEEN フォーティーン
(新潮文庫)
石田衣良


souiunogaii評価 
2010-05-25

情熱大陸で爆笑問題・太田光が紹介したおススメ本13冊


2010/05/23(日)の「情熱大陸」(TBS)で、爆笑問題の太田光が、新宿のジュンク堂書店でおススメ本を紹介していた。

「情熱大陸」太田光(爆笑問題):TBS

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)『タイタンの妖女』(ハヤカワ文庫SF)カート・ヴォネガット・ジュニア
これこれこれ、これを買って下さいよ!じゃーん、これはもうマスト!
今まで出会った中で最高の物語。


われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)『われはロボット[決定版] 』(ハヤカワ文庫 SF)アイザック・アシモフ
これもマストですね。
これはロボットSFの先駆けという…。
ロボット三原則という、SF界にとってはもう大事件なんですよ。
で、これを元に鉄腕アトムなんかが生まれ…。


ニーチェ全集〈11〉善悪の彼岸 道徳の系譜 (ちくま学芸文庫)『善悪の彼岸 道徳の系譜』(ちくま学芸文庫)ニーチェ

善の研究 (岩波文庫)善の研究 (岩波文庫)
これもわりと面白かった。
要するに、生きることとか死ぬこととか、善と悪とか。
そういうものが同時に存在してるっていう…。


竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
『竜馬がゆく(1)』(文春文庫)司馬遼太郎
司馬さんの考え方というのは、すごくこう抜けがイイというかね。
スーっとこう、うん、気持ちイイですよ、読んでて。


行人 (新潮文庫)『行人』(新潮文庫)夏目漱石

ガープの世界〈上〉 (新潮文庫)『ガープの世界(上)』(新潮文庫)ジョン・アーヴィング

惜別 (新潮文庫)『惜別』(新潮文庫)太宰治

新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)『(新編)銀河鉄道の夜』(新潮文庫)宮沢賢治

レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)『レディ・ジョーカー(上)』(新潮文庫)高村薫

冷血 (新潮文庫)『冷血』(新潮文庫)トルーマン・カポーティ

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)『(新装版)戦中派不戦日記』(講談社文庫)山田風太郎

ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)
『ドン・キホーテ(前篇1)』(岩波文庫)セルバンテス
ドン・キホーテはもう狂ってるわけですよ。
だから風車が竜に見えて、そこにこう行くわけだけど。
だけど、こんなに面白い物語はないわけですよ。
言ってみりゃ、人間がこんな、ねぇ、経済がこんななって、自然が崩壊して、とかって。
人間はおかしいって言うけど、でも裏を返せば、みんな狂ってるようなもんじゃないですか。
こういうテレビの世界も全部、何ていうの、お祭りだから。
そういうところにいたいと思う。


「情熱大陸」太田光が推薦した11冊の本たち。:ヨーグルトの蓋のウラのびみはてなブックマーク
「爆笑問題」太田光さん お勧め本13冊♪:Going my way 〜どこまでも続く道〜
「情熱大陸」太田光が推薦した13冊の本たち+α:本読みのスキャット! Be Bop a Bodda Bop

『情熱大陸600回記念シリーズ』第2段は爆笑問題・太田光。「天才」と呼ばれる男の発想の源を探る!:テレビドガッチ > テレビ関連ニュース
『情熱大陸』爆笑問題・太田光編まとめ:殺人(笑)時代

情熱大陸:600回記念第2弾 爆笑問題 太田光 45歳 「天才」と呼ばれる男の発想の源は:毎日jp

【関連記事】
爆笑問題の太田光がおススメ本を紹介。『太田光が選ぶ松田チョイスBEST3』:王様のブランチ(TBS)
本の虫、太田光がおススメ本を紹介。爆笑問題・太田光の『太田チョイス』:王様のブランチ(TBS)
『憲法九条を世界遺産に』太田光・中沢新一 を読んで

2010-05-16

『論理と感性は相反しない』山崎ナオコーラ を読んで


論理と感性は相反しない論理と感性は相反しない
(講談社)
山崎ナオコーラ


souiunogaii評価 

内容紹介
初の書き下ろし小説
「これが私の代表作です」――山崎ナオコーラ

女と男は一緒に暮らせる きらきら同棲小説

神田川歩美、矢野マユミズ、真野秀雄、アンモナイト、宇宙、埼玉、ボルヘス、武藤くん。
神田川(24歳、会社員)と矢野(28歳、小説家)の2人を中心に、登場人物がオーバーラップする小説集。
「小説」の可能性を無限に拡げる全15編。

もくじ
論理と感性は相反しない / 人間が出てこない話 / プライベート / 芥川 / 恐怖の脅迫状 / 架空のバンドバイオグラフィー / 素直におごられよう / ブエノスアイレス / 秋葉原 / 化石キャンディー / 社長に電話 / まったく新しい傘 / アパートにさわれない / 嘘系図 / 蜘蛛がお酒に / あとがき


「論理と感性は相反しない」特集ページ:講談社

山崎ナオコーラファンにはたまらない一冊です。

短編に出てくる登場人物たちのクロスオーバーする感じも面白いし、山崎ナオコーラさん自身と登場人物たちとが重なりあって見えてきて、彼女の考え方に触れられるような気がして、とても興味深い。

全体に山崎ナオコーラワールド的な雰囲気が満ちていて、ずっとずっと読んでいた。もっともっと読んでいたい。そう思った。

読んでくださるあなたが大好きです!
自由な感じに読んでいただけたらいいな、と思っています。
かなりポップ。
(ちなみに、アパート跡地を見るのは、実際に行きました)。
音楽や美術も好きだという方から、
「この本がいちばん好き」と言っていただくことが多いです。
この本は、二十代の終わりに、ふざけ切った感があります。

微炭酸ホームページ(書籍紹介)より



【関連記事】
『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ を読んで
『カツラ美容室別室』山崎ナオコーラ を読んで
『長い終わりが始まる』山崎ナオコーラ を読んで
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。