2009-11-29

『きょうのできごと』柴崎友香 を読んで


きょうのできごと (河出文庫)きょうのできごと
(河出文庫)
柴崎友香


souiunogaii評価 

内容紹介
大阪から京都へ引っ越した友人の新居祝いに集まった、20代前半の男女。
けいと、真紀、中沢、かわち、正道……5人のわたし/ぼくを語り手に、真夜中を越えて続く「きょう」のちいさな「できごと」を切り取った全5編の連作短篇集。
文庫版の書下ろし短篇「きょうのできごとのつづきのできごと」も収録。
もくじ
レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー
ハニー・フラッシュ
オオワニカワアカガメ
十年後の動物園
途中で
きょうのできごとのつづきのできごと

柴崎友香さんの単行本デビュー作となった『きょうのできごと』。
本作品は、行定勲監督によって同タイトルで映画化もされている。

先日、『フルタイムライフ』を読んで柴崎友香という作家が俄然気になっていた私だが、
この『きょうのできごと』を読んで、ますますその魅力にハマってしまった。
あぁ、こういう作風もあるのか、いやむしろこっちが原点か、みたいな感じの発見もあった気がして、柴崎友香やるな、と思った。

短篇連作ということで、物語それぞれの語り手になる人物を変えながら、一つひとつのできごとを絶妙なバランスとタイミングでリンクさせ、視点移動の効果を最大限に引き出すその手法は、本当にみごとだと思う。

深夜零時をまたいでの一日のできごとを描いた物語なんだけれど、人物一人ひとりの過去現在を、時間と空間とに大きな広がりを持たせて伝えてくれると同時に、
一瞬一瞬のその場の雰囲気をも大切に表現しようとする、読んでいてすごく面白いと感じる場面の多い作品だった。
ほんまに、始まりすらなくて終わりすらない、そんなとてもささやかな
一シーンを切り取っただけなんだけど、
その一瞬で彼らたちがほんの少しだけ前に歩いたような、
そんな風にふと思える瞬間が幾度もあり、
私はとても前向きな気分になりました。
本を読む女。改訂版

↑は「本を読む女。改訂版」のざれこ さんの感想。
私的にぴったりな感じがしたので紹介させてもらいます。

何でもない、"日常"のなかにある「いいな、これ」と思える瞬間をとらえて、その連続でこんなに素敵な世界観を持つ物語として形にする、柴崎友香という作家、私はすごく好きです。

なにかドラマチックなものがあるものが小説、という意識もなかったですし、自分の好きな映画や写真は、場面や風景だけでも好きだから、それは小説でやっても全然おかしくないと思っていたんですね。とにかく私としては、なんにもないことを書きたい、と。なんにもなくても生きていけるということを書きたいと思ったんです。
柴崎友香ロングインタヴュー「世界をありのままに描きたい」
『文藝 2008年冬号』より





きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]きょうのできごと
監督:行定勲
出演:妻夫木聡、田中麗奈




【関連記事】
『フルタイムライフ』柴崎友香 を読んで


2009-11-23

『センネン画報』今日マチ子 を読んで


センネン画報センネン画報
(太田出版)
今日マチ子


souiunogaii評価 

内容紹
叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作!
柔らかなタッチ、淡い色づかいに、ちょっぴりスパイスの効いたストーリーが魅力の「叙情マンガ家」今日マチ子。彼女は2004年7月より、1ページのショートマンガ『センネン画報』を、ほぼ、毎日、更新してきました。
文化庁メディア芸術祭では、異例の2年連続受賞でWEBを中心に話題となり、ついに書籍化が決定いたしました。本書では1200点を超える作品の中から、春夏秋冬にあわせて作品を厳選。さらに、今日先生初の長編作品『海から36km』(32ページ)を収録します。
ずっと手元に置いておきたい、ステキな1冊に仕上がりました。

『フルタイムライフ』(河出文庫 柴崎友香)の表紙絵が今日マチ子さんが描いたもので、それがとっても気に入って、もっと今日マチ子さんの絵が見たくなって、この『センネン画報』を手に取りました。

柔らかくて瑞々しいタッチと、シュールな可愛らしさのある絵がとっても好きです。

今日マチ子のセンネン画報

『みかこさん』今日マチ子

三井住友銀行「ミドリさん」今日マチ子
2009-11-23

『フルタイムライフ』柴崎友香 を読んで


フルタイムライフ (河出文庫)フルタイムライフ
(河出文庫)
柴崎友香


souiunogaii評価 

内容紹介
美術系の大学を卒業し、心斎橋の包装機器会社に就職した喜多川春子(わたし)。
事務の仕事に慣れ、働くことの楽しさに気付いていく彼女の変化とともに、会社の上司や同僚のOL、友達の紹介で知り合った男の子らとの人間関係も少しずつ変化していく。
会社員生活一年目の5月から翌年2月までの10カ月を、全10章構成で綴る。

柴崎友香さんの作品を読むのはコレが初めてだったんだれけど、とっても良かったです。
初めて読む作家の作品が自分の中での"あたり"だったときって、何だかとっても嬉しい気持ちになれる。
見つけたぞ!って。

主人公の喜多川春子は、美術系の大学を卒業して、食品包装機械のメーカーの事務職として就職したごく普通の女の子。
本当はデザイン関係の仕事をしたかった、って気持ちもほのかに漂わせながら、事務・総務の仕事にも楽しみ・面白さを見つけだせている。
彼女の仕事は、コピーやデータ入力、社内報製作、などのいわゆる事務一般で、派手に目立つものではない。

よくある小説のパターンだと、平凡な主人公が何か"やりたいこと"を見つけだして、カッコ良く変わっていく姿を描くものが多いような気がするけれど、
本作『フルタイムライフ』はそういう話とは全然違う。
ごくごく普通で平凡であることを否定しない、カッコ悪く思わせない。

夢や目標が明確にあってそれに向かって突き進む、そういう人たちだけが素敵なんじゃない。
いまの自分を好きで、毎日の日常の中で普通の当たり前のことを続けていく、そういう人の姿にも素敵な部分が実はたくさんある、それをしっかりと伝えてくれた。
必要なのは、なにかするべきことがあるときに、それをすることができる自分になることだと思う。(中略)
きっと、それでいいと思う。

『文藝 2008冬号』で柴崎友香さんの特集が載ってたのを思い出して、読み返してみると、こんなことが書いてある。
なんか、負けたくないという気持ちはありますよね。悲観的な気分とか、行き詰っている状況とか世の中の大きい流れとか、いろんなことに。『フルタイムライフ』の女の子は、「なにか」に負けたくないから好きな仕事じゃなくても働く。
柴崎友香ロングインタヴュー「世界をありのままに描きたい」 『文藝 2008冬号』より


とにかく、良かったです。
読み終えた後の清々しい感じや、主人公への共感できる度合いの深い感じ、すごくイイ。平凡な事務の女の子を主人公に、こんなにも素晴らしい物語を作ってしまう、柴崎友香という人が他にはどんな作品を書いているのか、とっても気になります。
ぜひ、別の作品も読んでみたい。


そうそう、本書を手に取ったきっかけは、表紙の絵がとっても気に行ったからなんですが、これ『センネン画報』の今日マチ子さんの絵です。
作品の世界観にぴったりハマっています。

今日マチ子のセンネン画報

【関連記事】
『センネン画報』今日マチ子 を読んで
2009-11-15

『人生最高の10のできごと』アディーナ・ハルパーン を読んで


人生最高の10のできごと (イソラ文庫)人生最高の10のできごと
(早川イソラ文庫)
アディーナ・ハルパーン(著), 田辺千幸(訳)


souiunogaii評価 

内容紹介
天国に住み続けるためにわたしは人生をふりかえる。

わたしは死んだ。29歳のある夜、突然に。気がつけば天国にいて、そこはなんでも思い通りになるすばらしい場所。ずっと憧れていた家に住み、クローゼットには憧れの服や靴。食べ物は想像するだけで現われ、お腹いっぱい食べても太らない。まるで夢みたい!
ただし、ここに住み続けるために合格しなければならないテストがあるという。
こうしてアレックスは、人生でもっとも良かったできごとを10選ぶことになる……
ひとりの女の子が大人になるまでをコミカルに、ときどきシリアスに振り返りながら、生きることの喜びを描きだす感動作。

本が好き!より献本いただきました。
とっても良かった!

著者のアディーナ・ハルパーンはアメリカでファッション誌にコラムを書いているフリーライターで、小説家としては本書がデビュー作になる。
そんな彼女が書いた本書『人生最高の10のできごと』は、
アメリカ人のごく普通の女の子が、家族、友だち、恋、仕事に悩みながら成長していく波乱万丈の半生を、笑いあり涙ありのとってもドラマチックに描いた素敵な物語。

物語は、主人公のアレックスという女性が、29歳にして交通事故で死んでしまい、天国にやってくるところから始まる。
最初は天国があまりにも快適な場所なので、それに非常に満足していたアレックスだが、ある日、守護天使のデボラが現われて、次のようなことを告げられる。

・天国には第7〜第1までの階層がある。
・最も素晴らしい第7天国に住み続けるにはテストに合格する必要がある。
・テストの内容は"人生最高の10のできごと"という題で作文を書くこと

さあ、大変だ。ということでアレックスは生まれてから29歳で死ぬまでの間の人生の中で起こったできごとを思い返していき、良かったことベスト10を挙げていくことになる。

いま私自身は26歳なんだけれど、この小説を読みながら、
自分だったら、"人生最高の10のできごと"としてどんなことを挙げるだろう?みたいなことを一緒に考えさせられた。
で、結局頭に浮かんでくるのは、物語の主人公アレックスが作文に書いたことと大体同じようなこと(つまりはどんな人と出会って、それによって自分がどれだけ成長することができたか、そして他の誰かをハッピーにする手助けをできたか)だったりして、
なんだ自分の人生って結構幸せいっぱいなのかもしれないな、なんて思ったりした。

具体的に、アレックスがどんな出来事を最高の10個にリストアップしたのかは、この本を読んでもらうとして、とにかく人が今まで生きてきた時間をどれだけ幸せだと感じられるかは、物質的な満足なんかじゃなくって、心がどれだけ温かく感じられるかなんだ、そういうことを様々なやり方で伝えてくれる、とてもメッセージ性の強いお話でした。

天国みたいな世界が本当にあるんだとしたら、それが本書のような素敵な世界だったとしたら、変な言い方かもしれないが、そこに行ける日がちょっとだけ楽しみな気もする。
そして、その時、アレックスが書いたような作文を自分が書くことになったら、と想像して、そのために幸せいっぱいの人生を送れるように頑張らなきゃ、そう思わせてくれる小説でした。
読んで良かった、そう思います。


この『人生最高の10のできごと』は、エイミー・アダムス主演で映画化が計画されているそうで、そちらの方もとても楽しみです。


2009-11-10

『陰日向に咲く』劇団ひとり を読んで


陰日向に咲く (幻冬舎文庫)陰日向に咲く
(幻冬舎文庫)
劇団ひとり


souiunogaii評価 

内容紹介
ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年など、陽のあたらない場所を歩く人々の人生をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。
もくじ
道草
拝啓、僕のアイドル様
ピンボケな私
Over run
鳴き砂を歩く犬

映画「陰日向に咲く」は、映画館で見て、DVDで見て、その度に「美しい物語だよな」と胸に熱いものを感じる、とっても好きな作品ですが、
その原作小説である本書もまた、読み返す毎に「素敵なストーリーだな」と感じる。
劇団ひとり、こんなにも素敵な小説を生み出す彼の才能を素直にカッコいいと思う。

映画「陰日向に咲く」公式サイト
陰日向に咲く 通常版 [DVD]陰日向に咲く
出演:岡田准一, 宮崎あおい
監督:平川雄一朗

souiunogaii評価 


映画の中で流れる、澤野弘之さんが手がけた音楽も、とても好きだ。


【関連記事】
劇団ひとり『陰日向に咲く』の映画が1月に公開
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。