2009-07-20

『素数たちの孤独』パオロ・ジョルダーノ を読んで


素数たちの孤独(ハヤカワepiブック・プラネット)素数たちの孤独
(ハヤカワepiブック・プラネット)
パオロ・ジョルダーノ(著)
飯田亮介(訳)

souiunogaii評価 

内容紹介
イタリア文学最高峰素ストレーガ賞受賞作。
若き物理学者が描く、至高のラブストーリー。

心に深い傷を負った天才青年マッティアと片脚が不自由なアリーチェは、運命的に出会った。他者を避け孤独に生きる2人は、喧嘩が絶えなかったものの、互いに寄り添い、ともに大人になった。だがやがて、ささやかな誤解が2人の恋を引き裂き、2人は離ればなれに。やがて9年の時を経て、ふたたびめぐり会うが……。
もくじ
雪の天使 (1983)
アルキメデスの原理 (1984)
肌の上とすぐその下 (1991)
別の部屋 (1995)
水のなかと外 (1998)
ピントをあわせて (2003)
後に残るもの (2007)

本が好き!より献本。

イタリアを代表する文学賞にストレーガ賞というのがあるそうで、2008年度の受賞作が、今回読んだ『素数たちの孤独』です。
著者はパオロ・ジョルダーノ、26歳。(歴代最年少での受賞だとか)
しかも本職は素粒子物理学者で、本作品が小説家デビュー作となるというから、何だかとってもすごいことみたいだ。
本国イタリアでは120万分を超えるベストセラーを記録し、30カ国以上で発売される予定で、さらには映画化も決まっているとか。

物理学者が書いた物語で、タイトルに"素数"なんてあるから、サイエンス的な要素のある物語かと思いきや、まったくそうではなく、完全に純粋なラブストーリー。
主人公の男女2人、マッティアとアリーチェはとにかく純粋で不器用で繊細で、そんな2人の恋の物語は、もう切なくて苦しくて、こんなに美しい感動を味わえる物語に久しぶりに出会った気がする。

物語の舞台は、イタリア(トリノ)。
もくじにもある通り、1983年から2007年までの時系列に沿って語られるストーリーは、マッティアとアリーチェのそれぞれの視点を交互に描きながら展開されていく。
マッティアは、幼いころに双子の妹を自分の責任で亡くしてしまい、それから自傷を繰り返すようになる。
アリーチェもまた、幼いころのスキー事故で片脚の自由を失ってしまい、拒食症に悩まされている。
家族や友人との交流を極力避け、自分の中に閉じこもり、孤独に生きる道しか選べなかった2人が出会い、互いに魅かれ合う。
大学一年の時の授業で素数の一部にさらに特殊な数があることを知った。それは数学者たちが"双子素数"と呼ぶもので、隣りあったふたつの素数、いや、より正確に言えば、ほとんど隣りあった素数のペアのことだった。ここで"ほとんど"と言うのは、このふたつの素数の間には必ずひとつの偶数があって、両者が本当に触れあうことを妨げているからだ。(中略)
僕とアリーチェは双子素数と同じだ。マッティアはそう思っていた。どちらも孤独で途方に暮れていて、ふたりはお互いに近くにいるけれど、本当に触れあうにはなお遠すぎる。

マッティア、アリーチェそれぞれの、両親との関係も幼いころの悲劇的な出来事のために、どこか壊れている。
また、マッティアの大学での友人との関係や、アリーチェの周りに現れる男性の存在もまた、2人の関係の不器用さをより強調するように描かれていて、悲しく切ない。

そして、物語のラストシーンは、近くにありながら永遠に触れることのできない"双子素数"のような2人にピッタリのもので、おもわず目が潤んでしまう。
そして、明確な答えこそないものの、ほのかな希望らしきものが見えたところで小説は幕を閉じる。  
だが、ふたりの物語は読者のなかでさらに続いてゆくのではないだろうか。優れた作品ではしばしばそういうことが起こるものだ。
素数たちの孤独 訳者あとがき:モントットーネ村から

どうか、マッティアとアリーチェには、今後も強く生き続けて欲しいと、そう願おう。

こんなにも綺麗な物語を読むことができたことに、とても満足したと思える一冊。

素数たちの孤独 訳者あとがき:モントトーネ村から(訳者:飯田氏のブログ)


La solitudine dei numeri primiLa solitudine dei numeri primi
(Mondadori)
Paolo Giordano




2009-07-19

『経済は感情で動く―はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ を読んで


経済は感情で動く―はじめての行動経済学経済は感情で動く
はじめての行動経済学
(紀伊国屋書店)
マッテオ・モッテルリーニ(著)
泉典子(訳)


souiunogaii評価 

内容紹介
経済学って、こんなに人間的で、面白い学問だったのか。
最新の行動経済学は、経済の主体であるところの人間の行動、その判断と選択に心理学の視点から光を当てる。
そこに見えてきたのは、合理性とは似つかない「人間的な、あまりに人間的な」一面。
クイズ形式で楽しく読み進むうちに、「目からうろこ」、ビジネスでのヒントに溢れ、お金をめぐるあなたの常識を覆す。
もくじ
パート1 日常のなかの非合理

1 頭はこう計算する / 2 矛盾した結論を出す / 3 錯覚、罠、呪い / 4 「先入観」という魔物 / 5 見方によっては得 / 6 どうして損ばかりしているのか / 7 お金についての感覚
パート2 自分自身を知れ
8 リスクの感じ方はこんなに違う / 9 リスクとの駆け引き / 10 知ってるつもり / 11 経験がじゃまをする / 12 投資の心理学 / 13 将来を読む
パート3 判断するのは感情か理性か
14 人が相手の損得ゲーム / 15 怒れるニューロン / 16 心を読むミラーゲーム / 17 理性より感情がものを言う / 18 人間的な、あまりに人間的なわれわれの脳

サブタイトルの「はじめての行動経済学」の通り、いわゆる行動経済学・神経経済学の一般向けの入門書です。

ここ数年の流行なのか、同様の内容の本は何冊か出版されていますが、本書の特徴は、まず読者に簡単な選択をせまる問題を与え、その答えがはたして理論経済学的に合理的といえるものなのか、どうしてそんな選択をしてしまうのか、をじっくり丁寧に解説してくれるところ。

例えば、こんな感じの問いがある。
問12(二者択一)
あなたは次の2つのどちらかを選ぶようにと言われた。
A 賞金は低いがもらえる確率は高い(7000円が80%)
B 賞金は比較的高いがもらえる確率は低い(7万円が10%)
あなたはどちらを選びますか?

ぱっと直感的に出した答えと、確率論的に期待値を計算して出した答えと、どちらが合理的でどちらが人間的なのか。
「なるほどなぁ」と感心する話が展開された後に、各章ごとに「教訓」としてのまとめがある。
話題は幅広く、読みやすく、面白い。

本書を一冊読む通すと、行動経済学の基本要素がおおよそ網羅できるようになっている。キーワードとして登場するのは、以下のものたち。
選考の逆転、保有効果、コンコルドの誤謬、サンクコストの過大視、アンカリング効果、ヒューリスティクス、代表性、利用可能性、少数の法則、平均値への回帰、後知恵、ホモ・エコノミクス、フレーミング効果、損失回避、省略の誤り、後悔回避、プロスペクト理論、ポートフォリオ理論、自信過剰、ピーク・エンドの法則、ゲーム理論、ソマティック・マーカー仮説、時間的な選考の逆転

後半では、最新の脳科学の話にまで触れられている。

こういう本を読んで、頭の上では知ったつもり・分かったつもりになったのに、日常生活でいざ実践する段階になると、やっぱり「あぁまたやってしまった」と失敗・後悔を繰り返してしまう。
人っていうのは、自分のことも他人のこともまだまだ分からないことだらけで、それでもちょっとずつそれが研究によって理論化されてきているのは、とっても面白い。

Homo Economicsの正体 - 書評 - 経済は感情で動く:404 Blog Not Found


【関連記事】
『予想通りに不合理』ダン・アリエリー を読んで
『まっとうな経済学』ティム・ハーフォード を読んで
『ヤバい経済学』レヴィット&ダブナー を読んで
2009-07-12

『ちいさな王子』野崎歓/訳 サン=テグジュペリ/作 を読んで


ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)サン=テグジュペリ(著), 野崎歓(訳) ちいさな王子
(光文社古典新訳文庫)
サン=テグジュペリ(著), 野崎歓(訳)


souiunogaii評価 

内容紹介
砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」。その前に突然現れた不思議な少年。
ヒツジの絵を描いてとせがまれたぼくは、ちいさな星からやってきた王子と友人になる。
王子の言葉は、ずっと忘れていた、たくさんのことを思い出させてくれた。
「目ではなにも見えないんだ。心でさがさなくちゃ」。

聖書、資本論の次に多く翻訳された作品と言われている、サン=テグジュペリの名作『Le Petit Prince』。
班権消失により2005年以降に国内でも10冊以上の"新訳"が出版されていて、今回読んだ本書もそのうちの一つだ。
オリジナル版とされる内藤濯がつけた「星の王子さま」という天才的なタイトルをあえて使わずに、野崎歓は「ちいさな王子」というタイトルを考えた。
本書のあとがきには、小さな王子の小さな物語というイメージを大切にしたかった、というようなことが書かれているが、なるほど訳者によってちょっとずつ違う世界観を生み出させるこの物語には、何とも言えない深さを感じる。

大人になるにつれて見えなくなってしまうもの、忘れてしまうもの、でも本当は失ってはいけないもの、そういう大切なことを思い出させてくれるこの物語を読むと、
「あぁ、自分も大人になってきたのだな」っていう風に感じるし、また「この王子のような素敵な心を持ち続けていられたらな」とも思う。

ふとした瞬間に突然思い出して、無性に読み返したくなる、そんな不思議な魅力が、この物語にはある。


星の王子さま 公式ホームページ

【関連記事】
『新訳 星の王子さま』倉橋由美子/訳 サン=テグジュペリ/作 を読んで
2009-07-05

『More Joel on Software』Joel Spolsky を読んで


More Joel on SoftwareMore Joel on Software
(翔泳社)
Joel Spolsky(著), 青木靖(訳)


souiunogaii評価 


内容紹介
Joel on Softwareが、さらにパワーアップして登場
極上のジョエル選集をご堪能あれ!

前著『Joel on Software』の好評を受けて、続編として2番目のコレクションにまとめられた。Joel Spolskyの、卓逸した文章力、豊富な技術知識、痛快なユーモアセンスで人のマネジメントや大規模プロジェクトの管理、プログラマを目指す人へのアドバイス、プログラミングのノウハウ、ソフトウェア会社の起業指南、さらにソフトウェアのリリースと改訂のタイミングなどなど、テーマも内容も盛りだくさんでお届けする。
もくじ
第1部 マネジメント
第2部 プログラマを目指す人へのアドバイス
第3部 デザインの力
第4部 大規模プロジェクトの管理
第5部 プログラミングのアドバイス
第6部 ソフトウェアビジネスを始める
第7部 ソフトウェア会社の運営
第8部 ソフトウェアのリリース
第9部 ソフトウェアの改訂

著者は、Joel SpolskyさんはかつてMicrosoft社でExcelの開発チームにいた方で、プロジェクト管理ソフト「FogBugz」を作っているFog Creek Software社の創業者だそうだ。
本書は、世界中のソフトウェア開発者に注目されているJoelさんのブログ「Joel on Software」の書籍化第2弾。

Joel on Software (English)
The Joel on Software Translation Project - Japanese

FogBugz -Project Manaement Software:Fog Creek Software

ブログ本なので、1つの章ごとに話が完結しているし、文章のスタイルはすごく親しみやすいし、話題は幅広いし、とっても読みやすいと思った。
小飼弾さんの言うように、まだ20代の私には本書の全部を味わえたかと聞かれれば答えはNOだけれど、それでもけっこう楽しめる一冊だった。

More ? Better! ... and Bitter - 書評 - More Joel on Software:404 Blog Not Found

MacとWindowsのデザイン、Webプラウザ戦争の永遠の課題、Vistaのユーザインターフェイスが何故あんな風になってしまったのか、などの話題は特に面白かった。なるほどそんな背景があったんだ的な感動がいっぱいあった。

プロジェクト管理、コスト管理、会社経営なんかの話は、まだ若い私にはちょっとなじみが薄くて難しかったけれど、文章のいたるところから「プログラマが働く環境をもっと快適であるべきだ」という著者の熱意がビシビシ伝わってきた。

より良いシステムを作るために、会社が最も重視するべきは何なのかを真剣に考えそれを実践しているこの著者の言葉を、ソフトウェア産業にかかわる多くの人に聞いてもらいたい、そう思う一冊でした。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。